人気ブログランキング |

<   2018年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2018.4「リラミック~リラクゼーションリトミック~」

「リラミック~リラクゼーションリトミック~」
~こいのぼり~

2018.4.28(土)

e0114963_16093945.jpg
新年度はじめてのリラミックは、第2土曜日から第4土曜日に変わりましたが、今日は2か月~2才さんまでたくさんのお友達がお越し下さいました。

いつものおさんぽ活動では、ヨチヨチ歩きのお友達も、ご自分の足で歩いてくれていました。もうすぐ“こどもの日”にちなんで、こいのぼりをテーマに活動しました。こいのぼりを見せると、目をキラキラさせて「あっ?!」と指さしする子ども達。カラースカーフをこいのぼりに見立てて活動しました。ピアノのリズムに合わせて、横にゆらゆらさせてスイングしたり、ビートに合わせてたてに振ったり、リズムの変化を感じてもらいました。こいのぼりを手に持ち、一人ずつ「ドレミファソ」と言いながら、丸い輪の道を歩いて、音階のお勉強も取り入れました。こいのぼりをしっかり握りしめて、うれしそうな子ども達でした。最後は楽器マラカス・すず等好きなものを選んでもらい、こいのぼりのうたを楽器演奏しました。

(土曜日担当けいちゃん先生より)

来月の第4土曜日(5/26)のリラミックは、「子どもまつり」前日準備のためお休みです。

e0114963_16093982.jpg


by kodomo-a | 2018-04-28 16:11 | リラミック

2018年3月「寺子屋」~センター合宿&いちご狩り~

~センター合宿&いちご狩り~
2018年3月24・25日

2月の寺子屋でプロにお弁当づくりを教わり、3月は自分達だけで「お弁当の日」* にチャレンジ!
*「お弁当の日」:子どもが自分でお弁当を作って、学校に持っていくという全国的な取り組み。献立・買い出し・調理・片づけも、全て子どもがします。子どもたちは感謝の心を知り、自己肯定感が育まれます。

e0114963_14224209.jpg



今回の合宿はこの一年の集大成的な取り組みとなりました。1日目は、次の日のお弁当のメニュー決め・買出し、5月の「子どもまつり」のお店屋さんの内容や、夜のお楽しみ企画の内容決めと、話し合いや決めることがいっぱいでしたが、思いのほかサクサク決まっていきました。夜のお楽しみ企画「大人達との十番勝負(小学6年生卒業おめでとう会)」は大いに盛り上がり、6年生たちへは、これまでのセンターでの活動のアルバムや、親からのプレゼントや手紙をわたしました。中学生になって部活など忙しくなると思うけど、遊びに来てね~
e0114963_14232979.jpg
2日目の朝は早起きして、お弁当づくりにチャレンジ!
幼児チームとの朝の集合に間に合うかドキドキでしたが、お助けマン(大学生ボランティアさん)のサポートのおかげもあり、しっかり完成させ、出発前にトランプで遊ぶほどの余裕ぶり…。
ユース達の緩急つけた小学生との関わりで、この1年で「自分達でやりきる!」という力が、とても伸びたように感じます。大人でも小学生をまとめるのは大変なのですが、威圧的にならずに子ども達の個性をまとめてくれて頼もしい存在です。

e0114963_14224631.jpg

電車やバスを乗り継ぎ、奈良県明日香村へいちご狩りに。奈良県出身のユースの“なでっち”企画で、歴史的興味も引き出したい、と古墳もある明日香村へ。現地では、大学生ボランティアさん達が子ども達と思いっきり遊んでくれ、小学生特製のお弁当に大人たちは感激!!おなか一杯になるほどもぎたてのいちごを食べ、「石舞台古墳」も間近に体感し、盛りだくさんの合宿となりました。


5/27の「子どもまつり」で寺子屋チームは、“スムージーやさん”“焼きマシュマロやさん”“おりがみ教室”にチャレンジします。お楽しみに!!




ユース“なでっち”より
「今回の合宿でオリジナルのお弁当作りに取り組みました。今までのキャンプなどで、子どもたちは親に甘えてあまり料理に関わらない場面がありました。自分たちの力だけで料理を作り上げるという経験を経て、それを自立した大人になるための足がかりにしてほしいという思いから、お弁当作りを企画しました。合宿1日目に子どもたちがそれぞれ作るお弁当のおかずの考案・買い出しを行いました。そして、2日目の朝早くからみんなてきぱきと調理に取り組み、お弁当を作り上げました。僕が想像していた以上に、みんなおかず作りから盛り付け、片付けまで一貫して積極的に取り組んでいたと思います!出来上がったお弁当もそれぞれ彩り鮮やかで子どもたちの個性が出ていました!1年前は何に対しても「いやや!面倒くさい!」と言っていた子どもたちが随分成長したなとこの合宿を通して感じて、すごく嬉しく思いました!今回自分の力だけでお弁当を作った経験に自信をもって、様々なことに挑戦していってもらいたいと考えています。」(なでっち 大阪市立大学大学院2回生)


by kodomo-a | 2018-04-24 14:30 | 寺子屋

2018年4月「わくわく子どもキッチン」

「野菜の苗植え&おにぎり・みそ汁づくり」

今回は、先月のキッチンで植えた野菜を収穫して、みそ汁づくりにチャレンジ!
ユース向けの料理教室で、いりこだしのみそ汁づくりをマスターしたお助けマン(学生ボランティアさん)が子ども達に伝授。お米を洗って、観察できる透明のお鍋と土鍋で炊いて、ママ達が作った手づくりふりかけを使っておにぎりに。
夏に収穫できる野菜の苗(きゅうり・ミニトマト・カラーピーマン・ズッキーニ・かぼちゃ)を植え、収穫のタイミングが合えば夏休みのキャンプに持っていこう!
新しいスコップやじょうろなどの道具にお絵かきしたりシールでデコッたりして楽しみました。
久しぶりに参加してくれたお助けマンが、子ども達の成長ぶりに驚いていました。これからも畑の野菜と共にぐんぐん育っていきますように!



見守り隊(親は「口を出さない・手を出さない」をモットーに、裏方でサポート。)のママが写真を撮りながら、子ども達のおもしろ語録を書き留めてくれていたのでご紹介!
e0114963_11010224.jpg
おだしづくり・・・30分ほどつけたこんぶを見て「もうちょっとでわかめになるわ~」。にぼしをお水につけると「(にぼしが)およいでるみたい!」。

かぼちゃなどの苗を植える前に、いわむらかずおさんの絵本「14匹のかぼちゃ」の読み聞かせ。おうちからかぼちゃの種を持ってきてくれたママもいて、「この種を植えて芽が出た、赤ちゃんの苗を植えるよ~」と種を子ども達にわたすと、「おとうさんよりつよい!(固いことを表現?!)」「ちんぱんじーのにおいがする~!」「またごはん!(のにおい~)」と。

e0114963_11010215.jpg

ねぎとサラダ菜を収穫。キャベツは丸く育たず今回は断念。
ねぎの先端の丸いのを見せて「これ何かな?」⇒「ねぎぼうず!」お~よく知ってるね~
種まきをしながら「♪たね たね たね~ たね たね たね~」と自作の歌を歌ってる子。

e0114963_11010231.jpg


ねぎを切るのに包丁にもチャレンジ。みんな真剣な表情。「支える手は、猫の手(指先を切らないように)。」もとっても上手になってきました。左手にぎゅ~と力が入り、緊張が伝わってきます。

おにぎりづくり・・・「まんまるになった~」「おもちみたい!(二つのおにぎりを重ねて鏡餅風)」と。
「今日はキッチンしな~い」と、なかなか活動に入れなかった子も、最後のおにぎりづくりでやる気になり、もくもくと何個も作って「できた~!」←お助けマンの声かけや、友達の楽しむ姿から刺激を受け… 家ではなかなか、大人がこの「待つ」ことが難しいもの。これができるのもキッチンの醍醐味です。

おなかいっぱい食べて、サラダ菜はお土産に。

次回のキッチンは 5/13(日)「チヂミづくり」
5/27の「子どもまつり」に、キッチンメンバーもお店屋さん「チヂミやさん」にチャレンジ。その練習や看板作りなどします!







by kodomo-a | 2018-04-24 11:59 | わくわく子どもキッチン

2018年3月「わくわく子どもキッチン」

そつぎょうしきっちん
~パンケーキづくり~

2018年3月18日

年少さんの先生体験part4は、女の子2人による「パンケーキづくり」。
息ぴったりに、下の子たちにやさしく教えてくれました。
ハート型やお花型などのかわいいパンケーキが完成。
食後は毎年恒例の「そつぎょうしき」。
小学生のお姉ちゃん達からは「小学生になったら<寺子屋>でいろんな体験をしよう!」とのメッセージ。
ママ・パパからは、これまでのキッチンでの活動の様子の写真やメダル・卒業証書のプレゼント。
学生ボランティアからユースメンバーとなり、キッチンの活動を共に作ってきてくれた大学4年生も春からは社会人に。
春は新たな出発の季節。涙の「そつぎょうしきっちん」となりました。

e0114963_13065351.jpg
春から社会人になるユースより
子どもたちのペースに合わせ、集中力を途切れさせないようにしながら完成までもっていくことは毎回むずかしいな〜と思いました。毎回悩みながらも子どもたちと向き合ってこれて本当によかったです。
これでいいのかなーと思うこともたくさんありましたが、親御さんのみなさんが、私たち学生ボランティアを信頼して任せて下さり、サポートして下さり本当に有難かったです。センターでしかできない経験をさせてもらえ、周りの大人のみなさん、そして子どもたちに私自身が成長させてもらいました✨
何よりも原動力は、慕ってくれる子どもたちがとても可愛いかったことです💓
センターでの経験は私の宝物です。自分らしさを大切にこれからもがんばっていきたいと思います。(ぱっぴー 
大阪樟蔭女子大学4回生



by kodomo-a | 2018-04-04 13:16 | わくわく子どもキッチン