<   2017年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

夏休み寺子屋スペシャル2017

子どもセンター開放事業として、「夏休み寺子屋スペシャル」を開催し、会員だけでなく地域の小学生や高校生ボランティアさんもたくさん参加してくれました。初めての子もすぐに仲良くなり、工作などのミニ企画で、教え役をしてくれた会員の子は、低学年の子の進み具合にも配慮しながら進行したりと、とても頼もしかったです。自由あそびの「みんなで遊ぶ時間」では、会員の子達がリーダー的にみんなの意見を引き出しまとめていました。自然と高学年が低学年に声かけしたりサポートしたり、みんなで教え合い工夫し合って楽しく過ごすことができました。日常の寺子屋での小学生達の学び合いが、リーダー的な存在力の発揮へとつながり、「安心して遊び・学び合える子どもセンター」の空気感を、子ども達自らが作り出していました。子ども達に年齢の近い高校生達のおかげで、内なる意欲も引き出してくれたように思います。

ボランティアで参加してくださった常翔学園・工芸高校の皆さんご協力ありがとうございました。サイエンスショーや木工体験だけでなく、宿題タイムや、あそびの時間もお付き合いいただきありがとうございました。見守り隊の会員のママさん達、昼食づくりなどお疲れ様でした。

<1日の流れ>
午前中:宿題タイム・ミニ企画 / 昼食(給食)/ 午後:自由あそび

8/2 (水)「サイエンスショー&スライムづくり」(協力:常翔学園高等学校 科学部)

e0114963_14052051.jpg
次から次へと繰り広げられる科学実験に、小学生達は皆前のめりになりながら、楽しんでいました。本物の科学にふれて、目を輝かせながらワクワクしていました。学生さん達も小学生とのふれ合いを楽しんでくれていたようです。

8/4 (金)「ペロペロキャンディ&紙粘土マカロンづくり」

e0114963_14051842.jpg

教え役を小3の二人が担当してくれました。感想の中には「○○ちゃんのように教えることになったら、私なら△△したい!」と「楽しい」だけでなく、自分もやってみたいと思えるだけの響き合いがあったことがとてもうれしいです。

8/9
(水)「草木染めのエコ学習」(協力:カッフェチャオッペ)

e0114963_14333398.jpg
コーヒー豆の焙煎時に1割の豆が使えないものとなってしまい、何かに有効利用して!とコーヒー豆を提供してくださいました。コーヒー豆で染料を作り、エコバックを染めました。ゴミを減らす買い物の仕方や、再利用について楽しく学びました。


8/16
(水)「フェルトバッグづくり」

e0114963_14051822.jpg
低学年の子は、ほとんどが手縫いに初チャレンジとのことでしたが、みんなとっても集中して楽しんでいました。飾り付けも一人ひとり工夫して、世界に1つの素敵なバッグが完成しました!

8/18
(金)「木工クラフト」(協力:大阪市立工芸高等学校 彫刻同好会)
e0114963_14051937.jpg
高校生がマンツーマンで教えてくれて、とってもかわいいメモスタンドやペンたてが完成しました。バーニング(焼き目で模様づけ)の機械も使わせていただき、個性豊かな作品に仕上がりました。

自由あそび
e0114963_14051916.jpg
いつも希望の多いドッチボールですが、室内では危ないので、オリジナルのミニボールあてゲームを考案した子がいて、みんなも賛同し、やってみると全員に大好評!








[PR]
by kodomo-a | 2017-09-26 14:12 | 寺子屋

キャンプ2017

今年のキャンプは、7/22・23に初めて休暇村近江八幡キャンプ場に行きました。幼児から小学生の親子で、電車やバスを乗り継いで。琵琶湖で2日間思いっきり泳ぎました!
e0114963_13165297.jpg
e0114963_13170970.jpg
<参加者の感想>
〇カヌーに乗りたかった。かみなりがこわかったけど楽しかった。(初めて母と離れて小学生だけのテントだったけど)テントで寝たのが楽しかった!(さな 小1)
〇カヌーに乗りたかった。ブラックバスが浮いててびっくりした。(はるの 小3) 
〇日常では息子と共有している時間が短いため子供達の中での様子を知る機会が少ないが,年齢の異なる子たちとのやり取りの現状を、キャンプを通じて知ることができた。火おこしなどを通じた成功体験が,本人の自信につながっているようにも見え,良い時間を過ごせたと思う。(小5の父)
〇琵琶湖で泳いだり鬼ごっこなどで遊んだりと琵琶湖三昧のキャンプでした。子どもたちは2日間ずっと元気に泳ぎまくっていて、子どもたちのパワフルさに舌を巻くほどでした。2日目は朝の8時過ぎにはみんな水着に着替えていたほどです(笑)自分は2日目の昼には完全にスタミナが切れてダウン状態でしたが(笑)また、小学校高学年限定のカヤック体験もみんな腕がパンパンになりながらもめちゃくちゃ楽しそうでした!夜雨が降り出して花火ができなかったのがすごく残念でした。ちなみに、1日目の夜は男子小学生と一緒のテントで、寝る前にしりとり勝負をして楽しみました。夕食作りで小学生のみで1品くらい作っても良かったかなーと思いました。(なで ユース/大学院1回生)
[PR]
by kodomo-a | 2017-09-26 13:18 | キャンプ&稲作体験

9月のキッチン~食べられる器「かぼちゃグラタン」~

9月のわくわく子どもキッチンは人気の~食べられる器シリーズ「かぼちゃグラタン」~
秋の味覚をいっぱい楽しみました!

新しい学生ボランティアさんが2名参加してくれましたが、すぐに子どもたちと仲良しに。
初参加の2才の男の子もとっても集中して楽しんでいました。

来月は稲刈り体験10/22(日)
千早赤阪村の「結の里」さんにお世話になります!


e0114963_14152471.jpg

<ボランティアさんの感想>

〇久しぶりに子ども達と触れあえてとても楽しかったです。なかなか子ども好きでも、ガッツリ話したり遊べたりできる機会はあまりないと思うので、とても自分にはすごく身になる時間だと今日してみて感じました。子ども達と自分が今学校で学んでいる「食」とリンクした素敵な行事だと思いました。子ども達と一緒に成長することができたらいいなと思っています。これからも楽しみです。
(しーこ 大阪樟蔭女子大学
2回生)

〇ボランティアなど他にも子どもとたくさん体験できるという施設はあっても、大人の目は必ずあると思うので、子どもセンターでは企画から私たちメインでさせてもらえたりするので、私が探していたボランティアにぴったしで、先輩にお誘いいただいてすごくうれしかったです。保育系でない学生が関われる企画があっても、小学生以上ということが多いので、幼児とか関われてとても楽しかったし、こんなこともできるんだという発見もできました。自分自身で 企画から立てて、子ども達も楽しめるようにできるかはすごく不安がありますが、一度は先生という立場で企画も立ててみたいなと思います。

(さーよん 大阪樟蔭女子大学2回生)




[PR]
by kodomo-a | 2017-09-05 14:19 | わくわく子どもキッチン