<   2013年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

~誰もが主役になれる瞬間~

e0114963_14584678.jpg
私の田植え合宿は 電車に乗って みんなと合流したことから始まりました
普段の生活が車ありきなので 長い道のりやな〜と 本とのところ嫌々でしたが 同じ行程の方とおしゃべりをしながら過ごせたので 楽しい電車の旅になりました
そして案外電車っていいかもと感じたのでした

さて 何とか迎えに来てもらえて みんなと合流
どろんこサッカーを終えて 賑やかなセンターメンバー
五年生の娘と六年生のHちゃんがかなり激しかったらしく 見れなかったのが残念でしたが、その姿がなかなか想像がつきません
うちの子はまだしも 私の中のHちゃんのイメージは物静かな可愛らしい感じ…
子供ってどんどん変わっていくんやな〜と この時以外にも感じることが多々ありました
センターが目指している 集団の中での成長 が最近見えるようになってきました 長い年月をかけ 少しずつ…
e0114963_1541914.jpg

e0114963_1595565.jpg
ところで宿泊施設となる古民家は 田舎に帰ったようなほっとするおうちでした
まだ手直ししている途中ではありましたが 気兼ねなく騒いで 出たいときに外にでて 都会では出会えない自然と向き合える
「時間がない」とばたばたしている日常と同じ時間が流れているとは思えないくらい のんびり過ごしました
e0114963_1573295.jpgカタツムリを捕まえて ナメクジになる瞬間を激写すると張り切っている子どもたち
大人にとっては笑えることやけど みんなの目は真剣そのもの みんな静かにその様子を見守っていました
誰もが主役になれる瞬間が 自然の中にはたくさんあるのだと感じました
それぞれの思いつきがその都度試されて その結果にみんなで向き合っているように見えました
その結果が○でも×でも 知的好奇心が働いている事が大切ですもんね

本題の田植えは 民家から緩い坂道を上がったところにありました
私がそこに着いたときは もうすでにレクチャーが始まっていました
子供達も真剣そのもの
田植え合宿 参加メンバーの感想 Part3 e0114963_15124295.jpgうちの息子は虫嫌いで 汚れるのが好きではないのですが すんなりみんなと並んで田んぼにはいっていました
でも「どうやった?」と聞くと「楽しかった」とあっさり。一番心に残っていることは、「ユスラウメを食べたこと、おいしかった!」でした。
娘は相変わらず かなり張り切り最後まで頑張っていました
色々教えていただいた藤井さんに たくさん誉めてもらえたことがうれしかったようです
そして 今社会と理科で田植えに関する学習をしているらしく 火曜日には早速 学校で発表してきたそうです
e0114963_1514385.jpg

私はというと あの泥の吸着力にびっくりしましたが 意外に簡単に作業が進むことにびっくり
もちろん それまでやこれからの作業は唯ならぬ労力だとは思いますが…

いい体験ができるのは 頭では分かっているものの 土日を使っての参加は 気持ち的にしんどかったんです 実は
でも 行って良かったです
いろんな出会いがあり 何より気持ちよかったです
そして次は稲刈りが楽しみになってます (みかた)
[PR]
by kodomo-a | 2013-06-29 15:23 | キャンプ&稲作体験

なつよるキッズえんにち 出店「創作工房はなめる」さん

7/27(土)に開催する「なつよるキッズえんにち」のてづくりショップコーナー出店の「創作工房はなめる」さんからすてきなお知らせが届きました~
前回4月の「てづくりぽっけ市」にも、似顔絵や手づくり絵本で出店いただきました。今回は子どもたちに向けて“漫画家体験ワークショップ”も開催して下さいます。こうご期待!!
e0114963_1005045.jpg

e0114963_101373.jpg
e0114963_1011685.jpg

[PR]
by kodomo-a | 2013-06-28 10:03 | おまつり

田植え合宿 

参加メンバーの感想 part2

e0114963_10141351.jpg

到着し、まずは今回お世話になる民宿の御先祖様に手を合わせました。
「よろしくお願いします!」

e0114963_10294712.jpg





田植え体験は子どもたち皆、足にたくさん傷を作り、
毎日当たり前のように食べているお米の大切さを感じたのではないかと思いました。






なぜか(なぜでしょう?)
またまた雨でしたが、
今回はテントでもなく、そして水の心配もなく、
大人も子どももゆったりと過ごせ、特に子どもはカエルやおたまじゃくし、
かたつむりやカニなどに心を踊らせていました。
夜にはバッチリ蛍の観賞も出来、良い思い出になりました。


e0114963_10194727.jpg
e0114963_1020171.jpg










また、うちには2年生の子がいますが
なかなか親離れが出来ず、恥ずかしながら子離れも出来ていません。
今回は4回目の宿泊、
初めて子どもを気にする事なく、心配なく、過ごせました。
親子ともに成長させて貰えている事に感謝です。

e0114963_10335392.jpgバスの中で、クイズ大会をしてくれた高学年のお姉ちゃんにも感謝!
ほんまに楽しかった~。

…民宿の御先祖様、見守ってくださり本当にありがとうございました。
稲刈りが楽しみです!
(あや:Kちゃんのおかあ)
[PR]
by kodomo-a | 2013-06-26 10:35 | キャンプ&稲作体験

田植え合宿

e0114963_13175290.jpg

6月中旬 一泊二日で「田植え合宿」を行いました。兵庫県のNPO法人棚田LOVER’ S さんのご協力のもと、幼児から小学生の親子で体験。思いっきり自然を満喫した二日間でした。
参加メンバーの感想を順々に掲載していきたいと思います。




e0114963_1323444.jpg



田植え一日目から天気は怪しく、子どもたちの集団プログラムにある「どろんこサッカー」が行えるのか、心配でした。しかし、そんなことはどこ吹く風と雨の中一生懸命遊ぶ姿は、遊び心を解放し、自然と友好を深めていると感じました。その時私は、子どもたちの姿に少し驚きました。何故なら、もっと泥のぬかるみに困惑したり、底見え無さに気味を悪くしたりするんじゃないかと思っていたからです。


その後、お風呂屋さんも寒い思いをした子どもたちを体の芯から温めてくれました。湯加減はとてもよかったです。


e0114963_13343877.jpge0114963_13352891.jpg








夜は、バーベキューや焼きそばとボリューム満点な夕食をたべ、蛍探しの軽い探索の時間も皆大興奮の様子でした。懐中電灯をウィンカーに用にチカチカすると、蛍がよってくるという一人のお母さんからの助言を聞き、一心不乱に蛍を呼んでいました。一度、一人の子どもが蛍を捕まえ、皆でしっかりとその実物を見ることが出来ました。こどもたちの中には、蛍を生で見るのは初めてという子もいたので、これもまた、よい体験になったのでと感じました。




e0114963_13304516.jpge0114963_13305483.jpg








田植えに於いて、子どもたちが「お米ってつくるの大変なんやなあ」という言葉が出た時点で、この体験には大きな意味があったと感じます。どういう風にお米が出来るのか、きっと文章などでは知っている子でも、実体験を伴って初めて本当の理解が得られたのではないかと考えます。

宿出る時に掃除をしたことも、借りた場所を綺麗にして発つという一つの礼儀として、子どもたちの心にジン割と刻むことが出来たのではないかと思います。
そして、子どもたちだけでなく、私自身もこれらの体験でたくさん得るものがありました。(ユース 夏生)

e0114963_134349100.jpg

[PR]
by kodomo-a | 2013-06-21 13:37 | キャンプ&稲作体験

「オズの魔法使い」参加者の感想より

e0114963_14244432.jpge0114963_1427180.jpg


































とても良かったです!ドロシーもトトもかわいかったです。(小5)
たつまきのところが こわかったけど あとは、おもしろかったです。(小2)
トトがすごくすごかったです。かわいかったです。(小3)




e0114963_1427174.jpge0114963_14273052.jpg


































○2才の男の子と5才の女の子と見ました。とってもとってもすてきな舞台でした。2才は集中するのが難しいかな?と思っていましたが、思っていたより見ており、よかったです。5才はすごく楽しかったようです。私自身も子どもを持って初めての舞台を見るという体験でした。すごくすごく楽しめました。またぜひ来ていただきたいです!ありがとうございました。動きにのめり込みました!(2才5才児母)
○とても感動しました。子どもセンターあさひにであえて、「オズの魔法使い」にであえ感謝です。ステキな時間をありがとうございました。娘(4才)は、ずっとワクワク ドキドキ ハラハラしながら膝の上でみてました。長時間の集中力にもビックリです。(4才児母)
○大人も楽しめました。息子(小3)2人は終わったあと、お別れするのを残念がるほどキャラクターのみんなを気に入っていました。キャラクターの動きや、見た目もかわいく、本当に生きているように見えました。私が子供のころTVで見た人形劇を思いだし、とてもなつかしく、心あたたまる思いがしました。ありがとうございました。(小3母)
○とても良かったです。感動してラストは涙じみました。セットも衣装も凝っていて、まるで人形がいきているようでした。ドロシーもトトもかわいすぎでした。(小5母)
○本格的な人形劇を見たのは初めてでしたが、ものすごく良かったです。人形なのに表情がいきいきとしていて、ひきつけられました。物語もわかりやすく、感動しました。楽しい時間でした。(大人)
[PR]
by kodomo-a | 2013-06-19 14:32 | 舞台鑑賞

おやこカフェ「グリーンテラス」

6/8(土)のおやこカフェ「グリーンテラス」は 雨の季節を楽しもう!!「てるてるランチ」
学生さんが考案してくれました!体にしみわたるおいしさです! お楽しみに!
e0114963_12183148.jpg

[PR]
by kodomo-a | 2013-06-06 12:19 | その他

くちベタ編集長日記 ○「オズの魔法使い」の公演を終えて○

人形劇と聞くと小さい人形をイメージする人は多かったように思います。しかし、今回の舞台は大型人形劇!
主役のドロシーは4~5歳の子どもたちと変わらないぐらいな背丈で、等身大のドロシーには投影しやすかったのか、子どもたちはすぐに前のめりになり食い入るように舞台を観ていました。
大人は残念なことになかなか、演じ手の方を消すことができずにいましたが...(笑)
舞台のもつ力は、その場の空気感や音楽、舞台の景色、伝えたいことなど、ストーリーはすべてわからないかもしれないけれど、子どもたちの身体や心には、スーと入っていくんだと感じました。
ライオンがでてきた時のドキドキ感や、最後の感動のシーン!子どもたちが同じ空間で一緒にその空気感を感じられる体験は、何ものにも変えられない貴重な経験になったんじゃないかと思います。
これからも小さい頃から、舞台を観続けることのできる環境を作っていきたいと思います。
「オズの魔法使い」に来てくれたみなさんありがとうございました。


e0114963_10464679.jpg6/2(日)エルシアターにて  
人形劇「オズの魔法使い」(人形劇団プーク)
e0114963_10433971.jpg
e0114963_10471855.jpg















ドロシー&ライオン人形や 子どもたちの受付でお出迎え

e0114963_10502898.jpge0114963_10504275.jpg


本公演に向け たくさんの方々にチラシの配布や参加のお声かけなど ご協力をいただきありがとうございました。子どもたちの笑顔がいっぱいの公演となりました。
e0114963_10522850.jpg

[PR]
by kodomo-a | 2013-06-06 10:04 | 舞台鑑賞

ニュー宣伝カー

e0114963_14313188.jpg新しい宣伝カー登場!! 
普段センターにちょこんと停まっているミニカー。子どもたちがおもちゃかと思っている?!電気カーが 「オズの魔法使い」のお知らせカーに変身!e0114963_14314584.jpg
人形劇「オズの魔法使い」 明日6/2(日)14時開演  
当日券もあります  是非ご参加下さい。
[PR]
by kodomo-a | 2013-06-01 14:40 | 舞台鑑賞