<   2013年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2月 そつぎょうせいさく 「陶芸(とうげい)」


e0114963_9401040.jpgここは どこでしょう?

e0114963_9421549.jpg











e0114963_9371445.jpg
なぞの あしあとを はっけん!
あしあとを おっていくと
こんどは みんなのまえに、ハトがまいおりてきた!

ハトのあとをついていくと ・・・ 


e0114963_9294554.jpg
              ~ 京都造形芸術大学 こども芸術学科 ~

ことし、わくわく子どもキッチンからそつぎょうすることを きめた、2人のこどもたち。
マイおちゃわんづくりでは、2人のために、せんせいと、子どもたちよりおおいがくせいさんたちがあつまってくださいました。
きょねんのそつぎょうせいにもおしえてくださった がくせいさんも きてくれたよ。

e0114963_9562670.jpge0114963_952776.jpg







せんせいのワザをよくかんさつして、 じぶんでやってみようとする子。
つちをさわるなり、どんどん じぶんのつくりたいものをつくっていく子。

こどもたちの発想力に刺激をうけて、もっと自由につくりたくなったという学生さん。

e0114963_1005211.jpge0114963_9531498.jpg










どうぶつがたの うつわをつくるおねえさんをみて、どうぶつがつくりたくなった2人。うみのいきものやおはなもたんじょうして、すてきないきもののせかいができあがりました!
2じかんぶっつづけでやっても まだまだやりたくて じかんがたりません。
あれ みんなおちゃわんは・・!?

e0114963_9542851.jpge0114963_9541471.jpg












001.gif 2かめ

e0114963_10111232.jpge0114963_10112250.jpg










ばっちり うつわもつくっていました。
ことしは せんせいもはじめてつかう、いろのついた 「いろねんど」 もよういしてくださいました。 やいていただいた さくひんたち、 いろがへんしんしたよ。


e0114963_10213463.jpge0114963_10214055.jpg











うわぐすりの もとのいろと、できあがりのいろは ちがいますが、こどもたちはちょっかんで いろをきめて、さくひんそれぞれに いろんなふでづかいをたのしみながら、いろをつけていました。

e0114963_10321366.jpge0114963_10322196.jpg










あとは そつぎょうしきっちんで やきあがったさくひんたちの おひろめです☆


e0114963_1053222.jpgことしは たった2人のそつぎょうせいさくでしたが、2人とも、こども先生をけいけんし、いちばんいっぱいけんかして、なかなおりして、かたをくんでわらいあったふたり。
ひとりがぐずっていたときは、かならずもうひとりがひっぱってくれました。
ふたりいっしょに子どもキッチンのしめくくりができて ほんとうによかったです。
[PR]
by kodomo-a | 2013-03-15 10:54 | わくわく子どもキッチン

3月のリラミック

e0114963_1065184.jpg

 久しぶりに参加させていただき、人数も増えていてとても私自身が嬉しく、楽しんで参加することができました。毎回行っている活動は子どもたちだけでなく保護者の方々も身体いっぱい使って表現している姿がみられました。また、今回は“めだか”という新しい動物がでてきたことにとても興味を示し、喜んでいました。 ボールでの活動の時に、ボールに触れることが嬉しい様で回そうとしなかった子どもがいた際に少し戸惑ってしまいました。いろいろな対応をもっと知りたいと思い、また実践してみたいと感じました。 絵本の長さや対象年齢についても、いろいろ考え 選択の難しさを感じました。 年上の子どもたちの様子を見ることで刺激になると学びました。 (ゆっき)


e0114963_1081867.jpge0114963_1092252.jpg









 ☆ 先生の感想 ☆
今日は、遅れてたくさんの方が来てくれたので良かったです。初めての子もいたけれど、意欲的に参加してくれていました。今回は、大きい子(3才以上)もいたので小さい子は良い刺激となって全体的に動きがダイナミックに表現できていました。絵本は、興味津々に観てくれる子が多くゆったり落ち着いて読み聞かせができました。 スカーフでお花をつくると「わぁー」と目を輝かせて喜んでくれ、その後自分たちで“お花をつくる”活動がスムーズにできました。 ボール転がしをお友だちと一緒にすることで、“順番を待つ”ことを体験できたように思います。又、ボールを手放すことができなかった子もいたけれど、何度か繰り返すことでルールを覚えてくれることにつながると思いました。
[PR]
by kodomo-a | 2013-03-14 10:11 | リラミック

2月寺子屋 「色糸アソビ」

e0114963_972251.jpg

 今回のワークショップは色糸アソビ。それを指導してくださったクドウさんとの出会いは、手づくり市でのことでした。そこで出展されていた作品に見惚れ、どうすれば作れるのだろう。こどもたちにもできるだろうか、と考え相談を持ちかけたのが始まりでした。


e0114963_9115122.jpg
クドウさんのこどもたちに対する接し方はとても堂々していて、説明も明白に伝わっていると感じました。その中でこどもたちは、織りと編みの違いを知りました。今、自分の着ている服は織りであるか編みであるかを鼻息荒く追究する姿は、知ることの面白さを体現していました。


e0114963_9111710.jpg




e0114963_9904.jpg




3人2チームで、協力して作り始めます。最初は、思い思いに持参した古着や布をビリビリと裂き始めました。それを織りの素材にしたのです。織りの出来上がりを考え、組み入れる色を考えるチームもありました。





e0114963_991845.jpge0114963_994465.jpg










最初は足ふきマットとして織りはじめました。別れて作り、最後には繋げて完成!と いう思惑でした。しかし、みんなで作った物を汚くするのは、とても嫌だ。というこどもたちの意見があり、それはそうだ。とこどもたちと話し合い急遽、食器置きとすることで落ち着きます。


e0114963_992555.jpg

そんなこんなで完成した。変形型食器置きマット。色にこだわりを持ったり、完成品はこうしたい!と意見がでたり、愛して作ったのだなと感じた制作でした。


e0114963_9152329.jpg
004.gif 今回の講師
さき織物作家 色糸アソビ クドウトモコさん

子どもセンターでは今年4月より
若手ものづくり作家「てづくりぽっけさん」たちと子どもたちの出会い 交流イベント  「てづくりぽっけ市」  がスタート!
またクドウさんと クドウさんの作品たちと出会える日がたのしみです。
[PR]
by kodomo-a | 2013-03-14 09:25 | 寺子屋

2月 おやこみそづくり道場

e0114963_1465937.jpg

ことしのみそづくりは、1才、2才、3才、4才、5才、1年生の子どもたちとお母さんたちがさんかしてくれたよ。
むしあがっただいずの ~いいにおい~に ひきよせられて、 みんながあつまってきました。
「むすだけで こんなにおいしいんや!」 と だいずそのままのあじのおいしさに お母さんたちもびっくり。

じぶんたちのぶんと、センターのみんながつかうぶん 10kgぶんのおみそをつくっています。
つぶすどうぐは3しゅるい。 すりばちをえらんだおやこは、つるつるにげるだいずを、めんぼうでねばりづよくつぶしていました。 
ミキサーをえらんだ子は、つぶれるところをじーーっとみつめています。
ミンサーをえらんだ子たちは、いれるかかりと まわすかかりできょうりょく!3さいの子は、ミンサーがとってもきにいって、ぜんしんフルかどうして まわしていました!


e0114963_14375330.jpge0114963_14284675.jpg










e0114963_1436553.jpg こんかいいちばんつたえたかった、目に見えにくい麹菌(こうじきん)のパワーを、ペープサートをつかってせつめいしました。
麹菌のこうじくんに 「イケメンこうじくん」 と なまえをつけてもらったり、こうじとだいずを まぜるときには、子どもたちが 「発酵(はっこう)ビーム!!」 と言いながらまぜていました。 たのしく学んでもらえてよかったです。


e0114963_14531571.jpg
さいごに みんなでおみそのなまえを きめたよ。どれもステキななまえ。一ばんにんきだった「スーパーだいず」にけってい!



e0114963_14511942.jpg

わくわく子どもキッチンでは、子どもが主役ですが、今日のみそづくり道場は親子で協力して作っていただきました。
なかなか 家で作るのは大変なイメージがあるみそづくりですが、こうやって みんなでつくると たくさん作れるし、楽しくていいね。 との感想や、分量をメモしてくださっていた方、「こうじをおおくして 白みそもつくってみたい!」 という方も。 みそづくりの楽しさを、お家でごはんを作っているお母さんたちにも 感じてもらえたのが嬉しかったです。




e0114963_150928.jpg
この日のランチは、栄養系の大学に通うほのたが、だいずづくしのメニューを考えてくれたよ011.gif


クイズや だいずがどんなたべものに へんしんするか イラストもかいてきてくれました!


e0114963_1562418.jpg
e0114963_1563172.jpg


おやこカフェ グリーンテラスでは、栄養士などをめざす学生さんが、子どもが玄米やお野菜をおいしくたべられるランチを考えてつくってくれています。
 011.gif OPEN  毎週土曜日 12:00~14:30  だれでもほっこりしにきてね。
           (お休みの日もあります)
[PR]
by kodomo-a | 2013-03-08 15:13 | センターでの出来事!?

3月寺子屋 「おめでとうカードづくり」

e0114963_13505825.jpg

今日は、4月から新たにてらこやに入る2人へ向けて、おめでとうカードづくりをしました。

大まかな決まりとしては、折り紙の鶴を 作って、それを飛び出し絵本のように設置する。というものでした。

そこから、みんな自分のできること、表紙や内側のデコレーション。そのために必要な飾りをハサミで切って作ったり、持参してきたテープ、便箋などで工夫していた。メッセージは、こどもたちのお互いのチーム区切りなしにみんなで書いていました。

私が、考えていた以上にみなやる気をだして、ここはこうしよう、ああしよう。と考え、メッセージの部分ではチームという区分を越えて、おめでとうカードを作りあうことができて、どうしてなかなか詰まったてらこやになったと感じました。


e0114963_13522226.jpge0114963_13501250.jpg
[PR]
by kodomo-a | 2013-03-06 13:55 | 寺子屋