<   2012年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

そつぎょうせいさく 「マイおちゃわんづくり」 1日目

e0114963_10334490.jpg

「わくわく子どもキッチン」で そつぎょうすることをきめた、6才と、小学生のみんな。
さいごのしあげに、 「マイおちゃわん」 を つくりにきたぞ~!

でんしゃにゆられてたどりついたのは、「きょうと ぞうけいげいじゅつ だいがく」。
ここに、おちゃわんづくりを おしえてくれる せんせいと だいがくせいがまってるよ。

e0114963_104234.jpge0114963_1043433.jpg

「うわー!」 「かさ!」


  のぼったり おりたり


なんだか きになるところがいっぱい。


いちどきいたことはわすれない ○○くんのガイドで、ぶじ もくてきちのおへや 「ちしんかん」にとうちゃく。
せんせい、おねえちゃんおにいちゃん、子どもたち、おたすけマンもなまえをつたえて 「よろしくおねがいします!」  ちょっとはずかしかったけど、小学生がばっちりリードしてくれます。

e0114963_1124245.jpg

 1人ずつ、こんなに大きい つちねんどを よういしていただいたよ。



まずはてならし。 つちのひとつひとつに おもいがこめられて どんどんどんどん こどもたちのてから うつわがうまれてゆきます。

e0114963_11215683.jpge0114963_1122188.jpge0114963_1125487.jpg








e0114963_11224070.jpge0114963_11492281.jpg
とうげいのおにいちゃんおねえちゃんは、子どもたちとていねいにおはなししながら、その子その子にあわせて ちがったどうぐや ワザを おしえてくれたよ。

e0114963_11541089.jpge0114963_11552580.jpge0114963_11575143.jpg







e0114963_1148401.jpge0114963_11473412.jpg

ひとやすみして みんなでおべんとうアンドあそびタイム。 いろんなおはなしがとびかいます。



2年生 「どうやったら とうげいがじょうずになりますか?」
Dちゃんせんせい 「それは つちと なかよくなることです。」
みんな 「おおーー」
6さい 「よるになったらな、つちがあるいてまくらのとこにきてな、いっしょにねるねん。ほんでな、・・・」

6さい 「なんで ひとはいきているのですか。」
なんでやろなぁ
Gせんせい 「(すごいしつもんするね。)」
2年生 「しあわせになるためにいきてんねん。」

見守り隊 「(げいだいせいは そつぎょうしたら どんなしごとしはんねやろな・・)」 etc..

e0114963_1241365.jpg
おべんとうが おわると、ちしんかんにもどって、いちはやくせいさくにとりかかるこどもたち!

(ガーン いつものキッチンではあつまるもの一苦労なのに・・ 「わくわく子ども工房」に変えるべきときなのかしら・・) 
ひそかにへこんでいたお助けマン。。
いやいや こうやって全員が一緒に夢中になれるのは、積み重ねがあってこそ!とのちに激励をいただき、子どもキッチンぶじ継続決定!


さておき、さっそくつちとおはなししている子もいたよ。
「どうぐとかは あんまりつかわないほうがいいっていってる。」
「ひびが はいってるところは やさしくさわってねっていってる。」

そしていよいよ 「マイおちゃわん」が すがたをあらわしはじめました。

e0114963_12394921.jpge0114963_12395686.jpg






e0114963_124614.jpg






e0114963_1253012.jpg
たくさんのさくひんたちは 「かま」にいれて 「すやき」を していただきます。

やきあがったおちゃわんとのさいかいは 2しゅうかんご。

e0114963_12542676.jpg


できるだけわれていませんように!
パチ!パチ!
みんなでおいのりをして 1日目はおしまい。


☆ お助けマンのかんそう ☆

○ 私にとって、みんなとの初めてのお出かけで、子どもたちと一緒に電車に乗ったりテクテク歩いたり、それだけでなんだかわくわく、楽しかったです。陶芸で作った作品には、おもしろい形や細かい仕掛けなど、一人一人の個性が溢れていて、子どもたちの創造力にビックリというより尊敬しました。どんな焼き上がりになったのか、とてもとても楽しみです。  (大手前栄養学院専門学校 三回生 マイコー(辻川真由))

○ 陶芸教室ではお助けするつもりが自分も陶芸に夢中になってしまいました。こども達の性格がとても作品に反映されていて出来上がりがとても楽しみです^^
初めての体験という子が多く、中には陶芸の才能に目覚めたのではという子も(大人も)おり、e0114963_13143657.jpg貴重な経験を得ることができました。
京都造形大の方々からもこども達との関わり方など多くのことを学ばせていただき、充実した1日でした。  (大学3回生 ムック)
[PR]
by kodomo-a | 2012-03-22 13:18 | わくわく子どもキッチン