人気ブログランキング |

<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

子どもの発達サポートセミナー「おりがみセラピー」

e0114963_1932402.jpg

☆ 参加者の感想 ☆
○ おりがみの性質 方法をいろいろ教えてもらい、とても楽しかったです。 今まで、折り紙の本を見て、折り紙を作っていたのですが、本のとおりにすると逆に難しくなってしまうと聞いて驚きました。 また参加できたら、もっと知っていきたいです。 (学生)

○ 初めて参加させていただきました。おり紙そのものもあまり得意ではないのですが、とても楽しく参加できました。 まだまだ参加したいと思います。 もっともっと知りたい事があります。 ぜひ、次回も参加させていただきたいと思います。 ありがとうございます。 (大学生)

○ 折り紙の奥深さを感じ、改めて、折り紙の魅力を感じました。 先生のあたたかさを感じながら、あっという間の2時間でした。 ありがとうございました。 目の見えない方にも指導されていると聞いて、びっくりしました。 (保育士)

○ 「折り方忘れちゃったから折れません」 はダメです。 そうだな~ 昔はサクサク折れていたのに、今はできない事をかくそうとしていたんだ私... 
この講座に来るのは2回ですが、ほんま心から楽しめ子供にもどることができます。 セラピーセラピー 自分だけ楽しむんじゃなく しっかり伝えていきたいです。 伝承遊びだったんだ~。責任問題ですね。 (保護者)


 いつものようにアットホームな雰囲気の中、おりがみに隠れたヒミツやそれを生かした折り方を惜しみなく教えて下さいました。
 ところでみなさんのまわりの子どもたち、みなさんのご両親は、おりがみ折れますか?
「鶴だったらおれるわ~」 そんな声はどうやら子育て世代だけでなく、おじいちゃんおばあちゃんからも聞こえるようです。
 先生から最後にこんな歴史のお話を聞かせて下さいました。 時はさかのぼって終戦後、連合国による厳しい思想統制が行われました。なかでも最も恐れられ消された文化が、‘かたき討ち’の精神。忠臣蔵事件(復讐の物語)を描いた歌舞伎などの公演は禁止されました。 そして、「おりがみ遊び」は、教えられたままに折るだけの遊び(封建制の道徳観)で子どもの独創性を奪うもの と捉えられ、紙粘土遊びに換わったそうです。
 その教育を受けた子どもが大人になって子育てをし、その子育てを受けた子どもが今、親になっている世代です。
先生はいつも、「おりがみ折れますか? 知らなくってもいい。 わからない方が可能性が多いんです。 ぼくも色々試してみたらこんなのが生まれたよ。」 と おりがみの本当のたのしさを伝え続けて下さいます。

 受けただれもが好奇心ルンルン♪ になってしまう 「おりがみセラピー」
 次回は 11月 27日 (土) 18:00~20:00 
  チラシなど長方形の紙でできるおりがみや、鉄人28号・レーシングカーなどメカ系オリガミを教えていただきます。
by kodomo-a | 2010-09-13 19:33 | セミナー

9月 寺子屋 水てっぽう作り

8月のプチがっしゅくでかかせなかった しぜんそざい 「たけ」。 寺子屋でも大かつやくです。

e0114963_1955718.jpge0114963_196463.jpg「こなの色がちがう!(若竹と古い竹)」

「ティンカーベルのこなや~☆」

「きれた~~!!!」


☆ ボランティアをして ☆
○ 意外と竹工作は苦戦したけど楽しくできました。2人とも人なつこくてよかったです。ナチュラルに接することができました。 また何か行事に参加できたらいいと思いました。 (関西大学 肥田夏実)

○ 正直、今まで子どもに苦手意識をもっていました。 でも今回○○ちゃんと○○ちゃんと一緒にあそんでとても元気☀になりました。 自分でも考えられないほど終わった後は晴れやかな気持ちでした。 ここ最近で一番楽しい時間を過ごせました(笑 
子どもに接するボランティアにこれから積極的に参加していきたいです (関西大学 井澤彩加)

e0114963_1962218.jpge0114963_1964320.jpgまいたぬのが とれてしまって、うまくとばせない・・・ 
でも さすがあそび名人のこどもたち!
あなのあいたつつで ウォーターアートがはじまりました。

☆ 大人のかんそう ☆
○ ○○は、大満足でした。 のこぎり、きりなど大工道具にあこがれがあって(クリスマス、誕生日プレゼントにねだられたことがあったので)実際使うことことができたのです。
なかなか、家ではできないことが体験できる!自分でできる!ことが、○○が子どもセンターを、気に入っている理由かなと思います。
いつも○○は、楽しみにしていて、よかったなと思います。 その分、日ごろ手をかけすぎている母は、ちょっと反省かな~
また、次回参加できることを楽しみにしています。 (保護者)e0114963_18404182.jpg 


さいごのおにぎりタイムには、「もっとあそびたい~!あと1時間!あと30分だけ!え~あと10分だけ!!」   ざんねんやけどきょうはおしまい。 つぎのけいかくもバッチシたてておわかれしました。 


 001.gif 次回は かんこくの劇団(げきだん)サダリの人と、ワークショップ。 
   おめんづくりをしたり、かんこくのあそびもおしえてくれるよ!
   次の日のげきが 3倍たのしくなることまちがいなし!!
  10月 30日(土) ワークショップ 14:30~15:30 
  10月 31日(日) 舞台劇「時計が止まったある日」 ①14:30~/②17:30~

   くわしくは ぶたいかんしょうのページへゴー!
by kodomo-a | 2010-09-13 19:11 | 寺子屋

9月わくわく子どもキッチン

 9月は ながびく「ざんしょ」をふっとばす、ねばねばりょうり!
みんないろんなワザをマスターしてきたので、こんかいは はんごとにちがうメニューをつくってみることに。 きってもちぎってもなかなかへらないっっ みんなのぶんをつくるのは とってもたいへんでした
 
e0114963_19192383.jpge0114963_19172824.jpg☆ こどものかんそう ☆

<うれしかったこと>
かくれんぼ  かわがきれたこと  ムネ肉きった  とうがんや肉がじょうずにきれた 
<はっけんしたこと>
とりにくのかわはうかんで 肉はしづんだ。
<つくってみたい> りんご  いなりずし  スイートポテト


e0114963_1917498.jpge0114963_19175971.jpg☆ ボランティアをして ☆

○ 今日はお疲れさまでした。2才でもすぷーんで冬瓜をくりぬいたり切ったりできるのはすごいと思いました。  (さつき)

○ みんなとっても元気でかわいい子ばっかりでした!! おかあさんに1度甘えだすとわがままになってしまうのが子どもの心情なので おかあさんがブルーシートの中に来るとおもうように進みませんでした。 子どもの集中力は1才でも5分ともたないので 全部させてあげるとかでなく少しだけ手伝うようにしてあげるのがいいと思います。 (トトロ)

○ 初めてのことでしたが、想像以上に楽しめました。 普段子どもと触れ合うことがないのでよかったです。 (めい)

○ 回を増すごとに子どもたちが元気になっている気がして(自分が年をとっているだけ!?笑) すごく大変だったけど、楽しかったです。 今回は合宿に来てる子も多く、名前を覚えていたし覚えていてくれたので、スムーズに班員を集めたりすることができました。 今回もとても楽しかったです!☆ (あちゅ)

○ 楽しかったです。でも、つかれました。 モロヘイヤ好きじゃないけど食べれました!!おいしかったです。サラダもスープも!! うどん作ってみたいです。 初め、てんぱって用意がなかなかできなかったです。また参加します。 (さき)

e0114963_1938448.jpg☆ 見守り隊かんそう ☆

○ 今回もたのしかった!毎回おつかれさまです。今回は子ども12名と キッチンの人気はどんどん急上昇ですね。 仲よしの友達に声をかけたくなる内容ですもの いつもありがとうございます。
母の私が、いくらうながしても最初参加をしぶっている息子が、スタッフのお姉さんが根気よく誘って下さり、するりと参加。(スゴイ!!何て言うて口説かはったんやろー。まほうだわー) メニューが又、シブい。子供仕様じゃないところが素敵。キッチンのように親子で(親の方が)楽しめる講座がどんどんふえることを期待しています。 (0才・2才児のお母さん)

○ 日曜日楽しかったです。今回はがっしゅくを終えてから始めてのキッチン!おとまりじゃないの?と怒りながら参加した○○ですが(笑) すっぱい物が苦手で、絶対に食べられない筈のトマトとオクラのサラダをたくさんのお茶を飲みながらも完食!わ~成長!
そして帰宅時に 「あー、楽しかった♪」 そう言えば、靴を脱ぎながらのこのセリフはセンターから帰って来た時だけの限定です!! 今月もいっぱいありがとうございました。 (5才児のお母さん)

006.gif じかいのわくわく子どもキッチンは しょうがくせいのリクエストにこたえて... 
      10月 3日 (日)  おこのみやき しま~す!!
  どんな具がはいって どんなかたちになって どんなあじの なんてなまえの
  おこのみやきになるのかなぁ~   おもうしこみうけつけちゅうです
by kodomo-a | 2010-09-13 15:28 | わくわく子どもキッチン

子どもの発達サポートセミナー 「読み書き障害の理解について」

e0114963_1934781.jpg
                         -参加者の感想-
 * 保護者 *
○ 将来のことを考えると、子どもはせいいっぱい頑張っているのに、つい、きつい口調で子どもに言ってしまい、反省の日々なのです。将来の事を思うからこそ、もう少していねいな関わりをしていきたいと思います。本当に親の方も、自己認識が大切だと思いました。ありがとうございました。 

○ 子どもの学習面で困っています。(6年生、アスペルガー、読み書き計算障害あり) 家庭での学習指導をもっと具体的に知りたかったです。 でもやはり本人の自覚がない為全てにおいて前進することもなく、じゅくにも通わせたいが本人が拒否しているので、手がつけられない状態です。人の気持ちも考えようとも思わないし、勉強もやる気がしないし、やりたい事だけやりたいという日々、どうしたらいいのか悩んでしまいます。 でも、参考になりました。ありがとうございました。

○ 子どもがこのように感じている、とらえているのだということが、先生のお話をお聞きし、よくわかりました。 子どもは、必死に頑張っているということを、もっともっと理解し、話をしっかり聞いてやり、子どもの気持ちに寄り添い、一番いい援助をしていきたいという気持ちが高まりました。 今日はありがとうございました。

 * 専門職 *
○ 卒園した発達障害の子ども達が小学校就学後どのようなことでつまづいているのかなかなか情報が得れませんでしたが(小学校との連携が難しい)、今回のお話を聞き、少し見えてきました。ありがとうございました。 (幼稚園園長)

○ 保育所の子どもたちの中にも気になる姿の子もいて、子どもたちが快適に生活を送れる手だてをいろいろ考えていきたいと思って受講しました。具体的な内容と、支援の目的を明確に話していただけて良かったと思います。 職場でも資料を参考に話していきたいと思いました。絵本紹介有難うございました。 (保育士)

○ 読み書き障害についての資料ありがとうございます。特別支援学級を受けもっています。常にカウンセリングマインドを大切にしなければとは、思っているのですが・・・ 常に自分との戦いかなと反省しきりです。 今日のお話をかてに、2学期がんばりたいと思います。 (小学校教諭)
by kodomo-a | 2010-09-11 15:44 | セミナー

プチがっしゅく2010

4月からスタートした会員限定行事「わくわく子どもキッチン」。8月は、いつも叶えきれなかった子ども達の願い「みんなでもっとあそびた〜い!!」をたっぷり叶えるべく、初めてのお泊り「プチがっしゅく」に挑戦しました。
一緒につくるメンバーは、いつも体力めいっぱい子どもに寄り添ってくれるお助けマン(学生ボランティア・ユーススタッフ)、彼らの関わりに手も口も出さず見守って下さる見守り隊(保護者)です。

e0114963_17552388.jpge0114963_17555379.jpg


てあらい・ドリンク・うんちタイムさくせんかいぎ



にじいろチームあつまれ~





e0114963_17565532.jpge0114963_1757594.jpg

すいか ちいさいの2つか おおきいの1つ どっちがいい?



たいへんだったこと
 「ぎゅうにゅうもつの」




☆こどものかんそう☆
楽しかったこと 「ホットケーキつくった」 「ハンモック」 「めだかのえさやり」 「そうめんながし」 「すいかわり」 「おふろ」
わかったこと 「梁(はり)が じょうぶだった」 「ちいがすぐねる」

e0114963_17553362.jpge0114963_17571398.jpg









たけはかせのお兄ちゃんが 見守り隊にレクチャ~   「ほししいたけはじめてたべた!」

e0114963_17593065.jpge0114963_17593629.jpg


☆こども VS お助けマン☆ そうめんめぐってガチンコバトル!!



めだかさん ごはんやで~




e0114963_17595671.jpge0114963_180532.jpg

あさごはんトマトゲット♡


オリジナルおまじないソング  ♪おいしくな~れ♪





☆お助けマンのかんそう☆
みんなでいっぱい遊んだりケンカしたり話し合ったりできて楽しかったです。流しそうめんとかスイカわりとか盛り沢山な内容で、こどもたちに負けないくらい楽しめました☆(笑)
あと、見守り隊の親御さん目線の意見を共有することもとても大事だと思いました。 「親」目線と「こども(私たち)」目線を共有することは、それぞれのプラス要因になると思います。 実際に全然意見や目の付け所?が違ってて、やっぱり親ってすごいな.. てひそかに感動してました。 (あちゅ)

e0114963_1801885.jpge0114963_1802548.jpg




「われたー!!!!!!
○○おねえちゃんすごーーーい!!!!!!!」






e0114963_1803833.jpge0114963_1804529.jpg









こどもせんせいのリトミック & 「がっそうぶ はじまんで~!」    ぼくらだけのひみつきち♡

e0114963_1831934.jpge0114963_1832529.jpg









みぞれ・くろみつ・かぼちゃ・しらたま        楽しかったこと 「おそうじ~」

☆見守り隊のかんそう☆
そうめん流しにすいかわり(しかも種を畑にペッペッペー) みんなで大きなお風呂に入り そして憧れのハンモックと… まだまだ書ききれないほどの楽しい体験ができたプチがっしゅく。
帰った夜、布団に入った○○は 「なんでお家にいるの~、今日もこどもセンターでおとまりがしたいのに~」と泣き出しました。もっとお友達と、お姉ちゃんといたかったらしいです。
食べてばっかりの2日目は(笑) 起床から解散までがあっと言う間に感じました。いっぱい笑いながらの大人キッチン、楽しかった~♪ 今回のプチがっしゅくに参加出来た事は親子ともに本当に良かったと、あれから毎日夫婦で話しています。 パパは、あの合宿がみんなとのスタートになれた感じがしてうれしかったと言っていました。 2日間一緒に過ごせた全員の方に感謝します。 (5才児のお母さん)

まずは子ども達みんな大きくなったなぁ~という印象です
我が子の成長はなかなか見えませんが 時々お会いする 子ども達は 知れば知るほどなのかもしれませんが 本来の姿が見え始め 頼もしさを感じました
さて うちの二人は… いつもとかわらずですが 年長児としての役割は 果たしてくれたんですね
長女は持ち前の世話焼き魂を輝かせることができ 満足していたことと思います
しかしいつもお姉ちゃんとして行動させている毎日に、のんびり過ごせる時間や言葉をかけていくようにしたいと今回反省しています
弟は 家の中では甘えん坊なのに 今回は 自分なりの役割を見つけ 母に頼らずすごせたので 安心しました
でもでも 今回の合宿を通して 毎日の過ごし方を見直さなければと 思いました
忙しいという親の理由で 子供の気持ちを置きっぱなしにしていることが おおすぎるかなと。
合宿をとおして スタッフのみなさん そして 会員メンバーさんの 温かく優しい気持ちに触れ 日が経つに連れ→体の疲れがとれ(´∀`)→ 癒されてます
みなさん 本当にありがとうございました(^O^)/ (5才児・小学2年生のお母さん)

e0114963_1882677.jpge0114963_18224815.jpg











みんなで一緒にすごすと、楽しいことだけでなく気もちや考えが違ってぶつかったり、決めていた事がみんなに合わない時も出てきました。 でもそこでいつも、たった一人でも 「これでいいのかな 自分はこう思う」 と声にする人がいてくれて、それに一緒に向き合ってくれる相手や仲間がいてくれました。 だから二日目は自分もみんなも変われたんだと思います。 思いを伝え合う事を諦めんかったら、こんなに楽しい明日をみんなでつくれるんやで!と子ども達が全力かけて教えてくれたプチがっしゅくでした。
by kodomo-a | 2010-09-07 18:54 | わくわく子どもキッチン