<   2010年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

読売新聞に掲載されました~

5月21日付読売新聞26面ガイド欄に掲載していただきました。
e0114963_15572978.jpg
e0114963_15574725.jpg

いよいよあと2日となりました! 前売り券のお申込みまだ受け付けています!
[PR]
by kodomo-a | 2010-05-21 16:02 | 舞台鑑賞

5月 わくわく子どもキッチン

こんかいの めいんめにゅーは こどものりくえすとから・・・ 「おむらいす」! それから はるげんていのおかず 「そらまめとたけのこに」 にも ちょうせんしました。
☆ こどものかんそう ☆
うれしかったこと : ごはんつくたことがうれしかた たまごやいたこと
すごかったこと : たまごつくるのがすごかた きれいにたまごわった 火がもえてるときあつかった

e0114963_1515252.jpge0114963_14275323.jpg








☆ ボランティアさんのかんそう ☆
‐あおこいのぼりチーム‐
○ 今日初めてだったのでどきどきしていて、どんな感じか何もわからなかったけど、最終的には、おいしくできて良かったです。 みんな、たけのこやちくわがきれいに切れていたし、卵焼くのもうまくてびっくりしました。 子どもたちの元気あふれるパワーはほんまにすごかったし、子どもたちから元気をもらえた気がします!! 食べていた時にみんなが「おいしいーー!!」って言っていて良かったなと思いました。 またみんなに会いたいし 参加したいと思いました!!  ありがとうございました♡  (大阪樟蔭女子大学3回生 さきちゃん)

e0114963_1425152.jpge0114963_1426241.jpg








‐あかこいのぼりチーム‐
○ 初対面にもかかわらず、素直に話を聞いてくれたりしてくれたので、とても楽しく出来ました。 保護者の方は、本当に見守るだけで、子ども達だけという環境に 「すごくいい環境」 だなと思いました。
自分で1から作った料理というのは、すごくおいしいと感じるものだと思うので、これから先、子ども達が大きくなっても、お父さん、お母さんのお手伝いをして、料理をつくる機会が増えたらいいな。と思いました。
ボランティアに参加して、子どもたちとの関わりはもちろん、他の学生の方、センターの方、保護者の方と話せる機会があり、すごくいい経験となり、また、時間があれば、ぜひ参加したいと思いました。 ありがとうございました。   (大阪樟蔭女子大学4回生 いしいちゃん)

e0114963_1428228.jpge0114963_14305760.jpg








☆ おとなのかんそう ☆
○ ○○は普段、濃い味に慣れてしまっているのですが、今回作ったオムライスをケチャップもつけず、おいしいおいしいと残さずに食べていた姿を見て、お友達と一緒に自分が作ったと言う事がなにより 「おいしい」 のだと感動しました。
また、会員制になる前はセンターに行ってもお友達の名前を1人も覚える事もなかったのですが、最近では○○くんは○才ね!とか○○ちゃんと○○ゴッコして楽しかったよ!と家でも話すようになり、嬉しい限りですっ。   (4才児母)

e0114963_14315117.jpge0114963_14331939.jpg








○ いつも家でおかあさんに 「ダメー!」 て言われてる事ばかりを 優しいお 姉ちゃんたちと一緒にやって  ○○はいつもより興奮していました。 刺激いっぱいの楽しい一日でした。  (2才児母)

○ 初めて ふらいぱんを使ってましたが 意外と上手でおどろきました。 毎回 子どもでも上手にできる方法を考えてますね。 感心します。 また家でもやってみますね。 ちなみにオムライスは ○○の大好物です。  (4才児父)

e0114963_14324359.jpg○ 今回もわくわくをありがとうございました。 子どもの目線にコンロをセットしてのオムレツつくり。 忍びの一字で見守りました。(こぼさへんか やけどせーへんか せやけどヤケドも経験やしな) ボランティア姉さんのサポートのおかげでおいしそうな仕上り! 卵の順番がまちきれず、おもわずおいしそうなトマトケチャップライスをパクリ。 フライングやけどわかるわ~。と苦笑い。 時間をかけ、つくり上げたものを腹ペコで平らげる最高のごちそうですね。 大人達だけで、食卓を囲み、自己紹介や、キャンプのお話をしたり…。 ちょこっとしか時間はないけれど、そんな時間も設けていただけてうれしかったです。 ボランティアのお姉さんのおかげです。 思いやりをもちながら、遠りょせずいろんな意見を出しあえるこの空間を大切にしていきたいです。

e0114963_14365158.jpg

最後はおねえちゃんに『そらまめくんのベッド』をよんでもらっておしまい☆ ・・・のはずが、4才の子がよみきかせをしてくれました。こどもまつりでしょうがくせいのおねえちゃんがよんでくれたことに すごくあこがれてたから・・とお母さん。
何ページもあるえほんを ひともじひともじていねいに さいごまでよみきってくれました。

      035.gif  じかいは 6月 6日(日) 10:00~14:00
              あのときのおねえちゃんたちや こうこうせいの
              おねえちゃんもあそびにきてくれるよ! おたのしみに♪♪
              お申込みは7月分まで受付中です

[PR]
by kodomo-a | 2010-05-18 16:28 | わくわく子どもキッチン

こどもまつり 2010

子どものための子どもの日、こどもまつりをひらきました。 まいどながらもりもりぷろぐらむです。
ことしからの まいつき1かいのぎょうじで であうようになり すこしずつ おしゃべりしたり いっしょにあそぶようになってきたこどもたち。
わくわく子どもキッチンからは せんせいもたんじょう! きょうは 「コップおにぎり」っていう わざをおしえてくれました。

ところが たのしいぷろぐらむは 4つにはとどまるわけがありません。
こどもたちによるよみきかせがはじまったり にんぎょうげきがはじまったり まほうのじゅうたんにつつまれたかとおもったら すもうまではじまっちゃった!

e0114963_10185754.jpge0114963_1019728.jpg








☆ こどものかんそう ☆
○ にんぎょうげきうれしかった
○ ごはんだけじゃなくてデザートづくりもしたい。しっぽぬきあそびもしたい。ほかにもいろいろしたい。  これからもがんばって!  (おにぎり先生)

うれしかったこと :ぜんぶ いろいろ おにぎりをたくさんたべたこと おりがみがたのしかった おりがみが作れたのがたのしかった

e0114963_10354643.jpge0114963_11305.jpg








☆ ボランティアさんのかんそう ☆
○ 今日一日、みんな年が違う子ども達と一緒におにぎり作りをしたり、遊んだり、自分自身も楽しむことができました。ボランティア活動をしたことも初めてだったので、不安でしたが、参加者のお父さん・お母さんや○○さん・○○さん・○○さんの助けをかりて、すごく守られていたと思いました!! これからも子どもセンターあさひの会員の1人として活動して、みんなともっともっと楽しく、輪を深めていきたいです。 今日はおつかれさまでした!  はなちゃん

○ 普段は小学生と関わることがほとんどですが、今日は幼児さんが多くて、よくも悪くもいつもと違う感じで子どもたちと関われたかなぁと思います。
おにぎりキッチンでは、○○ちゃんが「初めて作る」って言ってて、自分で作ったのを食べて「おいしい♡」って笑顔で言ってたので良かったです。クッキング企画の良さですね!
人形劇も練習があんまりできなくてちょっと不安でしたが、なんとかなって安心しました。
次はいつ来れるかなあ… 7月頃にはこれたらいいなあと思います。ボラセンの友達にも紹介もっとします!!   あっちゃん

e0114963_1153031.jpge0114963_1154240.jpg








☆ おとなのかんそう ☆
○ わくわく大人キッチン楽しかったです!! (父・母より)

○ 食が細いのですがよく食べていました。人形劇は初めてみましたが、とてもおとなしくしているのでびっくりしました。 私もたくさん楽しみました。 (1才児母)

○ おにぎりがとてもおいしかったです。ラップでの作り方をお姉ちゃんがとてもわかりやすく教えてくれて いろんな具もあって 楽しそうに作っていました。
心のこもった人形劇もありがとうございました。次もイベントも楽しみにやってきます。 (3才児母)

e0114963_11172714.jpg○ おにぎり大好きな家族で参加させていただきました。 (中略) そしておどろいたことは、つくり方! コップでふりふりしてから、ラップでにぎるなんて、全く思いもつきませんでした。(子どものアイデアってすごいですね!!)  手で握るいつものやり方より、なななんとふんわり仕上ってなんともいい具合い! 米粒ひとつひとつがつぶれず、まとまっているなんて。 手で握るおむすびも、もちろんいいけれど、このやり方なら、家でもどんどん子どもにさせてやれそうです。 ありがとうございました。  (2才児母)
e0114963_1184580.jpg
こんかいはボランティアさんだけでなく 会員のお父ちゃんお母ちゃんもこっそり活躍!
子どもセンター☆つくるんじゃ~&☆かざるんじゃ~&☆おくるんじゃ~ に変身したり、チラシをまいてくださったりしていっしょにおまつりを つくって下さいました。
子どもたちがみんな 笑顔でかえってゆきました。 ご協力・ご参加ありがとうございました。
[PR]
by kodomo-a | 2010-05-18 11:27 | おまつり

旭区の回覧版に!

「オーケストラファミリーコンサート」と「子どもの発達サポートセミナー」のチラシを、旭区の回覧版で回していただき、それを見たとの地域の方の申し込みがありました。本当にうれしいです!ポスターも町会の掲示板に貼っていただいています。見かけられた方いますか~。
新聞を見て... ポストにチラシが入っていて... 学校でもらって...  などとの申込をいただいています。
まだまだお席はありますので、是非ともお子さんと、お孫さんと...ご参加下さい。
e0114963_20155494.jpg

[PR]
by kodomo-a | 2010-05-15 20:16 | 舞台鑑賞

初の記者会見! 朝日新聞に掲載されました~

コンサート開催まで後2週間をきり、チラシを今も配り続けていますが、あともうひと押ししていただきたきたいと、5月11日に子どもセンターで初の記者会見を開きました。
私たちの唯一の取柄(?!)でもある、「ダメモト」精神で、新聞各社に依頼。
子どもセンターの雰囲気も感じていただきたく、会場は子どもセンターで。
はたして、1社でも来ていただけたら、と祈るように待っていると、2社の記者の方々が参加して下さいました。

コンサートに向けての思いや経緯、子どもセンター建設などを含めたこれまでの歴史、日々の取り組みなど、じっくりとお話を聞いてくれました。しかも若い記者さんがとても熱心に聞いて下さり、13日付の朝日新聞に掲載していただきました。とってもうれしいです。ありがとうございます。
e0114963_10264343.jpg


まだまだ席はありますので、一人でも多くの子どもたちの参加をお待ちしております。
ぜひ皆さんお声かけください。よろしくお願いいたします。
[PR]
by kodomo-a | 2010-05-13 11:11 | 舞台鑑賞

コンサートの聴きどころ!!

茂木さんのブログに、5/23の「オーケストラファミリーコンサート」のお知らせを入れて下さいました。今回のコンサートの魅力を書いていただいています。
(以下 茂木さんのブログ:http://blogs.yahoo.co.jp/mogidaisuke/59435766.html  より)


今回、親子で春の一日を美しい生の音楽で楽しんで頂ける企画として、モッカンカンカン音楽会を作りました。
「のだめカンタービレ」の黒木君はオーボエ奏者ですが、(ぼくもですが)オーボエは木管楽器の一種です。
木管楽器は、管弦楽の中での色彩を司るセクションです。弦楽器と金管楽器が、それぞれに大きな融合性を持っている中間にあって、木管はそれぞれの楽器の音色に強い個性があり、いわばソロ楽器集団としてオーケストラに座っているものです。
それぞれの楽器に共通することは、管にあいた穴を指で押さえて行くことでドレミの音程が変化するということ。材質や大きさに関係なく、「笛」は、すべて木管楽器なのです。
今回、フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴットには、それぞれの楽器の仕組みや音色を奏者の方々とのお話しの中で御説明していただくだけではなく、楽器の演奏の苦労や楽しみなどの人間的な一面も聴いて見ましょう。
フォーレの「シシリエンヌ」は、フルートのアンニュイで柔らかな魅力が存分に描かれたフランス音楽の傑作。オーボエは「白鳥の湖」をお届けします。生で聴くこれらの名曲は、大阪市中央公会堂の由緒ある雰囲気と相まって、大きな驚きと感動をもたらしてくれると思います。

クラリネットの持丸さんには、ドイツ語で「だんだん小さく・・」という意味の曲を御用意いただいています。なにが小さくなるのかな?音でしょうか?それとも・・・?見て、聞いてのお楽しみです。
ファゴットの温かな音色を、ベートーヴェンが第9交響曲のなかで初めて人間的な安らぎに到達したときに投入しています。あの有名な旋律が初めて姿を現す瞬間に深みを与えるファゴットを是非お聴き下さい。
9人の木管楽器とホルンのために、フランスの作曲家グノーは美しい交響曲を作っています。南仏の海岸に吹き寄せる風のような、おしゃれで軽やかなこの音楽は、めったに演奏されることのない名曲です。お楽しみに。

休憩の後は、木管楽器だけではなく、弦楽器とハープで、「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲。のだめカンタービレの映画でも涙を誘った名旋律です。金管楽器の活躍は、個人的趣味から「サンダーバード」のテーマ曲を選びました。これは、子供の頃、自分が初めて好きになって毎日口ずさんでいた音楽で、これが「管弦楽で演奏されていた」ことも大きくなってから知ったのです。文句なしの名曲、生で聞くのはこれまた驚きでしょうね。
打楽器の皆さんは、なんと「今日の料理」!を作ってくれますよ。お母さんたちにはお馴染ですね。生演奏はどうなっちゃうのでしょうか。

最後には、こうして親しんできたいろいろな楽器が全部活躍する、チャイコフスキーの「花のワルツ」。うっとりする幻想の世界、ぼくは子供の頃この曲も大好きでした。

この音楽会を聞いて、こどもたちも、御一緒に来て下さった親御さんも、なにかのモッカンカンンや、その個性溢れる演奏者の方々、なにかを好きになって下さったら本当に嬉しく思います。オーケストラは、そういう、一つひとつ、一人づつでも素晴らしい楽器と演奏者の、ものすごく大きな集合体なんだということが、きっと解って下さることでしょう。

ぜひお越し下さい。

茂木大輔
[PR]
by kodomo-a | 2010-05-12 15:15 | 舞台鑑賞

子どもの発達サポートセミナー「絵本の読み聞かせ」

e0114963_13404325.jpg
昨年は保育士さんや読み聞かせボランティアさん、学生さんなど様々な立場の方にご参加いただいた「絵本の読み聞かせ」講座。
今年も大阪薫英女子短期大学から 村川京子先生にお越しいただきました。

 読み聞かせを通して子どもは、「自分に読んでくれてる。大事にしてくれる」 という経験を味わう。自分の興味 ・ ペースで味わう経験によってこそ、本への信頼感が生まれ、自分にとって、本は楽しみで、頼りになる、という思いが生まれ、喜びを得る。そして文字の獲得後は、「自分で読みたい物を探し、自分で読める喜び」 を知り、本はなくてはならないもの、本と友達になれることができる。

 人はその人が主人公のものがたりの中をいきている。それは、伝えずにはいられないもので、豊かな文化に暮らし、豊かな文化を求めている。自分の身のまわりのことをものがたりにできたらすばらしい! ものがたりをよむ力、つくる力がつけば、自らの人生をつくっていく力になるのでは。

 本の良さはテレビのように引きずり込まれる刺激ではなく、やさしいメディア。もっと幼年童話も子どもと分かち合いたい。性的虐待など、時代の要請を捉えたともいえるテーマの絵本も出ているが、大切なことは、それがその子にとってその時必要なのかを 立ち止まって考えること。それはそういった本に限ったことではない。 世間の評価などにしばられることなくたくさんの本の中から、何を選び、その1冊をどう捉え、考えるのかは、大人一人ひとりの責任。 今、それを考える時間、話し合う時間が必要なのでは。
だれが、どんな本を、どんな風につたえれば子どもの喜びになるのか。
e0114963_16384168.jpg
☆ 参加者の感想 ☆

○ 今までの絵本の研修では、読み聞かせが中心で、「まあい」「リズム」などがほとんどの内容だけれど、そのことも子どもたちにとって大事な1つではあるが、本の中身、お話の内容、絵、そちらもとても大事なことだなと改めて感じさせられました。 そして、大人も楽しむ絵本も増えてきている中で、もっと、様々な人に、絵本に触れて、親しみをもっていけたらと思いました。

○ 今日は子どもになった気分で、絵を見たり、声を聞いたり、先生の表情を感じたりしながら、絵本をみる事ができてよかったです。先生の表情や声の大切さを改めて感じました。

○ 私は幼稚園教諭をして3年目なのですが、今まで絵本は全員で読み聞かせる機会が多かったので絵本によっては少人数で読み聞かせをしたり、誰かのためにどれくらいの時に読み聞かせをするのか等 私の今まで思っていた本読みに対しての考え方が変わったように思う。 これから 保育の中で実践できるようにしていきたい。

○ 絵本が子どもにとって重要なものとは理解していたのですが、今日の講座を受けて改めて感じました。保育中、バタバタして絵本を読む時間がなかったり早口で読んでしまったり、短い絵本も選んでしまうことがあるので、絵本選びを慎重に 自分の好きな絵本を増やしたいと思いました。 色々な絵本に出会っていきたいです。

○ 普段、子ども達に読み聞かせている本は自分で持っているので、子ども達にも自由に読めるようにしてあげたいと思いました。 絵本だけでなく、朗読もしていきたいと思った。 様々な絵本を知る事ができてよかった。
[PR]
by kodomo-a | 2010-05-11 16:40 | セミナー

大阪府の「ピピっとネット」に掲載されました!

大阪府のホームページ内にある、府内の情報案内ページ「ピピっとネット」に、5/23のコンサートのご案内を掲載していただきました。 https://www.pref.osaka.jp/annai/

e0114963_12134515.jpg

[PR]
by kodomo-a | 2010-05-11 12:15 | 舞台鑑賞

4月 わくわく子どもキッチン

e0114963_13361048.jpg~はるのぽかぽかごはんをつくろう!~

きてくれたのは、2才・3才・4才・7才の9人のゆうしゃたち。
そして、 「こどもすきです!かわいい」 と、なかよし4にんぐみのこうこう生のおねえちゃんたちもきてくれました。

まずはおなじみのじこしょうかいタイム。やっぱりはずかしい~~という子もいれば、みんなをしょうかいしてくれる先生?!もいてくれたり、はじめてきてくれた子もいて、あかちゃんもいて、う~なんだか今日はおともだちがいっぱい! ドキドキわくわくしながらわくわく島へしゅっぱつです♪

e0114963_13462268.jpge0114963_13464955.jpg☆ こどものかんそう ☆
<うれしかったこと>
○ おいしくつくれてよかった
○ かくれんぼ
○ おりょうりつくったこと
○ ちびらとできた
○ ごちそうつくったのが
e0114963_13471775.jpge0114963_13545350.jpg○ たたかいごっこ  ごはんをといだこと
○ 今日も一日、楽しかったねぇ 

<すごかったこと>
○ おようり
○ かんばんのえとじ
○ ごはんのつくり方を おしえてくれたこと
○ ごちそうすごかった

e0114963_13491951.jpge0114963_1349313.jpg ☆ おとなのかんそう ☆
○ 参加させていただきありがとうございました。じゃがいもはタワシでこするところからスタート すごい!!これってけっこう時間かかりますよねー。
家で子どもに何かさせるとしても、こういったメンドウな事は親が処理済にしてから、子供に与えていましたので貴重な体験でした。e0114963_1348124.jpg
お米のとぎ方を教わっている時 うちの○○はお米をザラザラして遊んでザルの外へこぼしたりして、家だったら「キャーー」って言ってもうさわらせないなんてしてしまうのですが、今回は見守り隊。「○○―!っ」って注意しようとさけびかけたら、まわりのお姉ちゃんが「もーっ○○ー」ってかわりにしかってくれていました。ありがとう。
次回も楽しみにしています。ワクワク♡
e0114963_1355312.jpg
○ はじめて出会う人たちの中で、きんちょうして、いつもの○○とはちょっとちがったけれど、ドキドキしながらもみんなの輪の中に入っていろんなことをしている姿に、 「口を出すまい」 とするのがたいへんでした。 (結局、後半はあれこれ口出ししてしまいましたが・・・)
保育園の先生&おともだちでない人と出会う機会が少なくe0114963_1443449.jpgお料理することもめずらしいことで、そんな中、色んな子どもたちの姿をみるのはとても楽しかったです。
今後もまた参加したいです。
おいしかったです。ごちそうさまでした。

○ 入園式の前日で、親のソワソワ感が伝わったのか、ぐずって不参加なところも多々ありましたが、その後自宅では、e0114963_1451939.jpg母がお米を洗おうとすると、計ってくれたり、といでくれたりして、子どもキッチンで自分が取り組んだことを覚えて実践していることに感心しました。
スクレイパーを初めて使いましたが、ものすごく集中して切っていたので、我が家にも1本欲しいなと思いました。

子どもができる事、できない事を私が勝手に決め付けてしまe0114963_1443973.jpgいがちなので、このように色んなことを体験させてもらえて色んな発見があって、ありがたいです。

○ 大変 楽しんでたようです。又、参加したいと思います。

☆ ボランティアさん(明星学院高校生)のかんそう ☆
○ 9人も子どもちゃんがいて大変と思った´_`  子育てってホンマに忙しいなあと思った。ケンカはするし、みんな好き勝手するし、でも怒られへんし・・・ みたいなんでイライラもするけど、やっぱり笑ってるとこはめっちゃ可愛いし、なついてくれて自分のとこ来てくれたり、名前呼んでくれたりしたのはめっちゃうれしかった♡♡ (ゆい)
○ 思っていたよりつかれた。多くの子どもたちと一緒に料理したことがなかったので、いい経験になりました。まだ小学生なのに ローマ字を書けるこがいてびっくりしました。 (つうこ)

○ いっぱい子どもおってたのしかった☆ しゃべりかけてくれてうれしかった! ポテトサラダおいしく作れてうれしかった! こんだて通りできなかったのはちょっと残念だった。 でも最終的楽しくて良かった。 (さや)

○ 最初は緊張したけどだんだん慣れてきてたのしかったです。みんなとても元気でびっくりしました。ちょっとつかれたけど子どもたちみんなかわいかったです♡ 早く自分の子がほしくなりました。 (みーちゃん)

<うれしかったこと>
e0114963_14433164.jpg・とびついてきてくれたこと♡
・小さい子たちと一緒に料理できたこと
・しゃべりかけてくれたこと
・○○くんと○○くんと○○ちゃんがけっこうなついてくれた
<すごかったこと>
・こんなに時間かかるんや-と思った!
・ローマ字書けるこがおった
・小っちゃい子がじゃがいもむいてた
・みんないっしょうけんめいがんばっていたところ。

058.gif 5月のわくわく子どもキッチンは
   5月 9日 (日) 10じ~ごご2じ


003.gif わくわく子どもキッチンたいけんばん ‘おにぎりキッチン’
   5月 5日 (祝) こどもまつりにて!

   はじめての子も たつじんの子も 会員じゃなくてもさんかできるよ!
   しょうがくせいの先生もとうじょう! おもうしこみまってま~す
[PR]
by kodomo-a | 2010-05-01 14:44 | わくわく子どもキッチン