<   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2月 わくわく子どもキッチン

今年の子どもセンターがめざす 「子どもたちの活躍の場づくり」。
食と農部門では新しい取組みがはじまりました。

これまでは、学生ボランティアさんにお野菜中心のカワイイお子様ランチをつくってもらったり、ミニ農園体験、季節の保存食づくり体験などを行いました。 そこでわかったことは、小学生の子も幼児の子も、味わう力、「つくりたい!」 という意欲がしっかりあること。 
そんな子どもたちのわくわく心をもっとかたちにできないかな… ボランティアさんの 「子どもと一緒につくりたい」を実現したい… 

そこで生まれたのが、子どもが主人公の台所 “わくわく子どもキッチン” 
初めての今回、ともに挑戦してくれたのは 2歳~5歳の4人の勇者たち。父ちゃん母ちゃんも 添えかける手をぐぐッとこらえる見守り隊に挑戦! 第1回目にしてつくるのは巻き寿司です。そして本物の包丁も登場。
大人にとっては “ドキドキ”子どもキッチンとなりました。

e0114963_18415659.jpge0114963_18414361.jpge0114963_1842948.jpg  









e0114963_18423083.jpge0114963_18424522.jpge0114963_18425380.jpg







e0114963_18431288.jpg☆こどものかんそう☆

○ おにさんの、ふくはうちがおもしろかった。 ごはんがおもしろかった。
○ おもしろかった。 おにがこわかった。

☆おとなのかんそう☆
○ 今回鬼の役を頂き、子供が小さいこの時期に 親として他では出来ない良い経験をさせて頂き感謝しております。
子供も自分たちだけで作ったのり巻きは e0114963_18462744.jpgおいしくて達成感いっぱいだったと思います。
また、今回見守り隊に徹した事で 家庭で見るものとは別の、様々な子供の表情が見られました。

○ 先日の食育体験では息子は包丁使いになると全くノータッチだったのですが、気分を一新して最後はしっかりと切れるようになりました  とっても嬉しかったです
息子にとって自信へとなった事と思います e0114963_1847377.jpg
次回の食育体験も親子で楽しみにしております どうもありがとうございました

○ 自宅では料理を一緒にするということはほぼなく、いきなり参加してもぐずったりして迷惑だけかけて、体験する、というところまでいかないかも、と少し不安でしたが、スタッフの方々の導きと、一緒に参加されていた親御さんやお子様たちが声をかけてくださったおかげで、娘も楽しく参加する事ができたと思います。
e0114963_18504266.jpg本当の包丁は初めてだったので、かなりドキドキで、色々と手出しをしてしまいましたが、1月のおもちつきよりもさらに、自分で作ったという感じが味わえたと思います。
できあがった海苔巻きののったお皿を持って記念撮影のとき、とても嬉しそうにしていました。
豆まきは、節分の日にしてあげることができなくて、残念に思っていたのですごくサプライズですごくありがたかったです。
「悪い子にしているとe0114963_18503078.jpg鬼さんがやってくるよ~!!」というのを当日の夜早速使ってしまいました。(お風呂上がりになかなか着替えてくれなかったので)
これからは多用は控えて、ここぞの時にとっておきます(笑)
楽しい1日をどうもありがとうございました。



e0114963_1851432.jpg
来月のわくわく子どもキッチン体験版は
 058.gif 3月 14日 (日) 
   ひなまつり料理をつくってみよう!


です。 おひなさまもかざってるよ!みにきてね~
[PR]
by kodomo-a | 2010-02-22 16:40 | わくわく子どもキッチン

やまづみみかん出張公演第5弾!

e0114963_15101626.jpgメンバーのほとんどが大学卒業間近のやまづみみかん。
卒論に就職試験に研修に卒業旅行・・・ と予定ミッチリの中、もう劇ができないのかな・・・と思いきや、うれしい依頼がまいこみました!
昨年5月のおまつりで人形劇をみてくれた保護者の方が、わが子の保育園にも来てほしい!とお呼びいただきました。


☆公演ウラ話☆
でもどうしても人数が足りず今回ばかりは断念か・・
これまで数々の不可能を可能にしてきたやまづみみかん。
「いや、3匹のこぶたなら、できるんちゃう?、、、やってみよう!」

さぁ~やると決まればどんなに忙しくてもやってのけるメンバーたち。 
そこで作りかけていた人形を完成させ、台本もやまづみカラーに編集し、小道具までリニューアル&追加制作しちゃいました!この行動力はいずこから?!

今回みんなが初めての役。中でも3匹のこぶたのオオカミくんはキャラ作りも動きもハイレベル!
初練習のオオカミくんは 「も~うちにはむりです~この子とともだちになれそうにない~(泣)」
みていると、人形オオカミくんはぎこちなくおとなしい動作。 ん?一方、動かしてる本人が一生懸命セリフ通りに動いてるぞ! 残念ながらその楽しい姿(失礼な!)は舞台の向こうには届かずながら、舞台裏は大もりあがり。 「もうちょっとや!もうちょっとで人形まで伝わるで!」
休憩中は人形コントが始まりーの、欠席の団長とビデオレターで気合いを入れ合いーの、こんな楽しんでばかりで公演大丈夫か?! でもね、ビデオ撮りになるとバシ―ッと決めてくるのがやまづみみかんなんです。

そんなこんなで迎えた本番は0~5才のかつてない100人超えのお客さま!!
し、しかも元気モリモリ!!
劇の前に3匹のこぶたの歌を練習すると、1回でとっても元気にうたってくれました。
そして一番大変だったオオカミくんは・・・ 今までで一番ノリノリで楽しそう!そしてとってもこわ~い! 子どもたちからは大大歓声です!!

終わったあとは、各お部屋を回らせていただけました。 個人的には、この時間が一番しあわせです♪ 子どもたちの嬉しそうに遊ぶ姿に本当にうれしくなります。 オオカミさんには泣いちゃう子もいましたが握手したり、なでてくれたり、お歌を歌って迎えてくれたお友達もいました。

こちらの園では先生方もよく人形劇をされるそうで、家が飛んだりと動きのある3匹のこぶたの劇は先生方にも喜んでいただけました。
本当にチャレンジしてみてよかったです。 ご依頼誠にありがとうございました。 

やまづみみかん4月以降の活動については 検討中です。
ご依頼の際は一度子どもセンターへお問い合わせください。 よろしくおねがいします。
e0114963_159513.jpg

[PR]
by kodomo-a | 2010-02-19 15:14 | 人形劇団やまづみみかん

2/7 小森香子さん講演会

e0114963_17253229.jpg

☆ 参加者の感想 ☆

○ 80才で、あれだけずっと立って話せてたのがすごいと思ったし、小さい頃のことまで覚えてて、それほど、印象に残る、生活とか、してたのかなぁと思った! 歌は、全く知らなかったけど・・・ なんでみんな、歌知ってんのかなと思った。
私は、(失礼だけど)戦争のまっただなかに、生まれなくて良かったと思うし、恵まれてるなと思った。
何か、日本がいやになった。日本は、日本国の人々のことを、考えてないんかな  かわいそうやな    (小学生)


○ 今日は、若いころから信じたことをずっと守りながら生きてこられた、貴重な経験をお聞きできて大いに励まされました。 ありがとうございました。
「日本の母、広島の母」のところで思わず胸が熱くなりました。 私も微力ですが、このことばを忘れずに生きていこうと思います。


○ 本・メディアを通して、戦争について知る機会はありましたが、実体験されたお話を間近で伺うことができて、とても貴重な時間を過ごすことが出来ました。
今に帰って小4の息子と中2の娘に話して一緒に考える時間を持ちたいと思います。


○ 小森様、今日は大変ありがとうございました。私くし(55才)母が81才で健在でございます。軍需の仕事をしたとも申しております。
その母の話を聞き乍ら、母の青春をうばったものにいきどうりを感じました。
そのこともふみ越えて伝えていらっしゃる小森様の心に感動しました。ありがとうございます。
[PR]
by kodomo-a | 2010-02-14 17:30 | 講演会