人気ブログランキング |

<   2009年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

舞台劇「龍の子太郎」の原画を!!

舞台劇「龍の子太郎」の公演が2月15日(日)と近づいてきました。
今回の「龍の子太郎」は、平成20年度 文化庁 舞台芸術の魅力発見事業としての取り組みです。前進座の「龍の子太郎」は全国を巡演されていますが、近畿圏では本公演のみです。チラシのイラストを描かれた徳治昭さんが大阪在住ということで、特別にイラストの原画を当日展示していただくことになりました。舞台だけでなく、子ども達に本物の芸術に触れてもらえる機会となりうれしいです。皆さんお楽しみに!!
e0114963_1656384.jpg

<徳治昭 氏プロフィール >
徳治昭童画館 代表 1968年生まれ  
フリーイラストレーター  
童画家 日本児童出版美術家連盟会員 /奈良芸術短期大学洋画科卒
講談社フェーマススクールズ受講
by kodomo-a | 2009-01-29 16:58 | 舞台鑑賞

『節分ランチでいざ鬼退治!!』

もうすぐ節分ですね。 節分といえば!?
おに! 豆まき! 太巻き!! 棍棒!!?
ぜ~んぶ作っちゃいました。

e0114963_1016241.jpg
メインは赤鬼まきずし3きょうだい。 高野豆腐で作った「ます」には大豆がてんこもりです。 甘~いトゲのついた棍棒ちまきは子どもたちにも人気でした。

        ☆ プラス100円の大盛りサービス始めました ☆
食べざかりの時や親子で1プレートの時などなど お気軽にお声かけ下さいね。

e0114963_10163927.jpg
          [出演:大阪市立都島工業高校フォークソング同好会]
渋い曲からみんなですぐ歌える曲など 楽しいおしゃべりを交えながら演奏してくれました。


e0114963_1017148.jpg
腹ごしらえのあとは 豆まきのお話。そしてさっそく練習です。
「鬼は~そと! 福は~うち!」 楽しい声とお豆が飛び交う中 ついに・・・
センター恒例の こわすぎる鬼さん登場!!
e0114963_10175087.jpg
大泣きし外にまで出ていく子   ごめんなさいごめんなさいという子も。
こんなにこわくてどうしようもないものが 本当にいるなんて!!!
この出会い?がいつか 自分の心に現れる悪~い鬼さんを退治する力になればなぁと思います。
帰り際にはみんな笑顔でよかったです。またセンターで楽しいことしようね~!!

[フォークソング同好会の皆さんの感想]
・小さい子の前で演奏する事があまりないので いい経験になりました。
・今回のような雰囲気の中での演奏は初めてだったので勉強になりました。
・自分では客観的に見ることがあまりできないので、上手にできたとかはわかりませんが、自分の中では良い&楽しい演奏ができたと思います。楽しかったです。ありがとうございました。
・これまでの発表は高校の文化祭や音楽の大会など、規模が大きい所でしかやったことがなかったので、今回のような地域での発表はとてもこれからの自分の糧になったと思います。
by kodomo-a | 2009-01-27 10:30 | わくわく子どもキッチン

ランチメニュー

e0114963_19344824.jpg


明日のランチメニュー
<節分>がテーマのお子様ランチ (写真はメニューの一部です)

大阪市立都島工業高校フォークソング同好会の皆さんの演奏もあります。
是非遊びに来てください。

1月25日(日)11:30~14:30(演奏11:45~)
「お子様ランチ」(500円)
by kodomo-a | 2009-01-24 19:41 | わくわく子どもキッチン

ライブカフェ

今月のランチは1/25(日)  テーマは節分

11:45~のライブカフェで 大阪市立都島工業高校フォークソング同好会の皆さんが演奏してくれます。普段小学校などでも演奏されているそうです。
e0114963_10461156.jpg


<演奏予定の曲目>
崖の上のポニョ
Havarava[wat]
ゆず 連呼  などなど   お楽しみに!!

ランチの後には 子ども達には内緒で 赤鬼登場予定です。
子ども達を 大いに泣かせます!! 
どんなに暴れん坊の子どもでも「この世には人間の力では ど~にもならないこともあるんだよ」というのがきっと伝わるはず...。  こちらもお楽しみに!!
e0114963_10472031.jpg



 
by kodomo-a | 2009-01-20 10:47 | わくわく子どもキッチン

おもちつき&生産者との交流

e0114963_11183419.jpg
減農薬米や野菜を生産されている飛騨の田中さんご夫妻に来ていただき、おもちつきをしました。e0114963_11195488.jpge0114963_1120974.jpg





昨年作った餅花をとり、揚げておかきにしました。初めて作ったのでうれしくって1年も飾ってしまいましたが、本当は鏡開きの時に一緒に食べてしまうそうです。
e0114963_1122921.jpg
e0114963_11242823.jpge0114963_1133040.jpg


  丸餅をつくり、あんこや田中さんが持ってきて下さったエゴマにつけたり、きなこも田中さんに分けていただいた青大豆を煎ってミキサー(砂糖を少し入れて一緒にミキシングすると 大豆が空回りせずうまく攪拌されるそうです!)にかけて作りました。
e0114963_11354297.jpge0114963_11361125.jpg



  交流会では、田中さんが飛騨のお雑煮やエゴマのおはぎを作ってくださったり、自家製のお漬物や新米なども届けてくださいました。お雑煮やお漬物の作り方から、若者の就農の現状・お米の農薬基準のお話など。「オーガニック」表示作物のほとんどは遺伝子組み換えだというショッキングなお話もありました。おいしく楽しいもちつきでした。
e0114963_11412617.jpge0114963_11455746.jpg




<ボランティアさん参加者の感想>今日は子もセンターあさひさんの新年会みたいな感じがしました。田中さんは農家(農業)の暮らしについて色々な事を教えてくださいました。もち木(餅花)は、一年間ずっと飾られていたものなので、ずっとどんな味がするのかな?と思いましたが、サクサクでとってもおいしかったです。おもちをあげるという発想もおもしろいです。子ども達が一生懸命に作ったもちの木はとても豪華なものになりました。もちつきの方は、最近正月に家庭でおもちを作る機会が少ないと思います。少ない中でおもちはどうやって作られるのかを、もちつきの体験を通して知ることができ、一生懸命農家の人が頑張ってつくるお米一粒の大切さを私は理解しました。子ども達もきねを持って、おもちを作る大切さから、料理や食べる楽しさがわかるとよいなと思いました。保護者の方が「うちの子どもがこんなにいきいきしているのを初めてみた。ごはんもおいしいね。」という言葉が嬉しかったです。また、このような機会があればよいなあと思います。本日は本当にありがとうございました。(仏教大学3回 かなこ)

恥ずかしがり屋で なにについてもなかなか参加できずにいる息子(3歳)が 今日は自分から進んで それも一番に杵を持って餅をついている姿に 驚きました。また 餅をほとんど口にしたことがないのに 今日は姉弟そろってよく食べていました。 こんなに張り切っている姿を見ることができ 今日は特に嬉しい日になりました。また大阪にいながらにして 飛騨のお雑煮をいただいたり サラダ感覚で食べることができたおつけものには感激でした!実は漬け物嫌いな私は 普段はほとんど口にしません。今日の参加によって我が家の食事にも 変化が現れそうです。ありがとうございました。(3才・6才のお母さん)
by kodomo-a | 2009-01-13 11:56 | わくわく子どもキッチン

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします

e0114963_10413419.jpg


ミニ農園体験「もちつき」  1月11日(日)10:30~12:30
子ども用の杵と臼で おもちつき体験!!

飛騨で減農薬米・野菜を生産されている田中さんに来ていただき、飛騨地方のお雑煮をいただきながらの交流会付。ぜひご参加ください。
参加費:一人500円(軽食付・要申込)

「子ども達に本物の蒸籠(せいろう)を見てもらいたいので!」 といういつもながらの急なお願いだったのですが、田中さんに飛騨で蒸籠と大人用の杵を調達していただきました。 とても立派です!!蒸籠の継ぎ目は桜の皮で編まれているとか?! 
おもちつきの当日は、田中さんに飛騨地方のブリの入ったお雑煮を教えていただくのですが、そのブリをなんとお正月に釣ってきていただいたそうです!!餅花作りもします。お楽しみに!!
去年の様子→http://akodomo.exblog.jp/7004945/
by kodomo-a | 2009-01-09 10:52 | わくわく子どもキッチン