カテゴリ:わくわく子どもキッチン( 79 )

2018年4月「わくわく子どもキッチン」

「野菜の苗植え&おにぎり・みそ汁づくり」

今回は、先月のキッチンで植えた野菜を収穫して、みそ汁づくりにチャレンジ!
ユース向けの料理教室で、いりこだしのみそ汁づくりをマスターしたお助けマン(学生ボランティアさん)が子ども達に伝授。お米を洗って、観察できる透明のお鍋と土鍋で炊いて、ママ達が作った手づくりふりかけを使っておにぎりに。
夏に収穫できる野菜の苗(きゅうり・ミニトマト・カラーピーマン・ズッキーニ・かぼちゃ)を植え、収穫のタイミングが合えば夏休みのキャンプに持っていこう!
新しいスコップやじょうろなどの道具にお絵かきしたりシールでデコッたりして楽しみました。
久しぶりに参加してくれたお助けマンが、子ども達の成長ぶりに驚いていました。これからも畑の野菜と共にぐんぐん育っていきますように!



見守り隊(親は「口を出さない・手を出さない」をモットーに、裏方でサポート。)のママが写真を撮りながら、子ども達のおもしろ語録を書き留めてくれていたのでご紹介!
e0114963_11010224.jpg
おだしづくり・・・30分ほどつけたこんぶを見て「もうちょっとでわかめになるわ~」。にぼしをお水につけると「(にぼしが)およいでるみたい!」。

かぼちゃなどの苗を植える前に、いわむらかずおさんの絵本「14匹のかぼちゃ」の読み聞かせ。おうちからかぼちゃの種を持ってきてくれたママもいて、「この種を植えて芽が出た、赤ちゃんの苗を植えるよ~」と種を子ども達にわたすと、「おとうさんよりつよい!(固いことを表現?!)」「ちんぱんじーのにおいがする~!」「またごはん!(のにおい~)」と。

e0114963_11010215.jpg

ねぎとサラダ菜を収穫。キャベツは丸く育たず今回は断念。
ねぎの先端の丸いのを見せて「これ何かな?」⇒「ねぎぼうず!」お~よく知ってるね~
種まきをしながら「♪たね たね たね~ たね たね たね~」と自作の歌を歌ってる子。

e0114963_11010231.jpg


ねぎを切るのに包丁にもチャレンジ。みんな真剣な表情。「支える手は、猫の手(指先を切らないように)。」もとっても上手になってきました。左手にぎゅ~と力が入り、緊張が伝わってきます。

おにぎりづくり・・・「まんまるになった~」「おもちみたい!(二つのおにぎりを重ねて鏡餅風)」と。
「今日はキッチンしな~い」と、なかなか活動に入れなかった子も、最後のおにぎりづくりでやる気になり、もくもくと何個も作って「できた~!」←お助けマンの声かけや、友達の楽しむ姿から刺激を受け… 家ではなかなか、大人がこの「待つ」ことが難しいもの。これができるのもキッチンの醍醐味です。

おなかいっぱい食べて、サラダ菜はお土産に。

次回のキッチンは 5/13(日)「チヂミづくり」
5/27の「子どもまつり」に、キッチンメンバーもお店屋さん「チヂミやさん」にチャレンジ。その練習や看板作りなどします!







[PR]
by kodomo-a | 2018-04-24 11:59 | わくわく子どもキッチン

2018年3月「わくわく子どもキッチン」

そつぎょうしきっちん
~パンケーキづくり~

2018年3月18日

年少さんの先生体験part4は、女の子2人による「パンケーキづくり」。
息ぴったりに、下の子たちにやさしく教えてくれました。
ハート型やお花型などのかわいいパンケーキが完成。
食後は毎年恒例の「そつぎょうしき」。
小学生のお姉ちゃん達からは「小学生になったら<寺子屋>でいろんな体験をしよう!」とのメッセージ。
ママ・パパからは、これまでのキッチンでの活動の様子の写真やメダル・卒業証書のプレゼント。
学生ボランティアからユースメンバーとなり、キッチンの活動を共に作ってきてくれた大学4年生も春からは社会人に。
春は新たな出発の季節。涙の「そつぎょうしきっちん」となりました。

e0114963_13065351.jpg
春から社会人になるユースより
子どもたちのペースに合わせ、集中力を途切れさせないようにしながら完成までもっていくことは毎回むずかしいな〜と思いました。毎回悩みながらも子どもたちと向き合ってこれて本当によかったです。
これでいいのかなーと思うこともたくさんありましたが、親御さんのみなさんが、私たち学生ボランティアを信頼して任せて下さり、サポートして下さり本当に有難かったです。センターでしかできない経験をさせてもらえ、周りの大人のみなさん、そして子どもたちに私自身が成長させてもらいました✨
何よりも原動力は、慕ってくれる子どもたちがとても可愛いかったことです💓
センターでの経験は私の宝物です。自分らしさを大切にこれからもがんばっていきたいと思います。(ぱっぴー 
大阪樟蔭女子大学4回生



[PR]
by kodomo-a | 2018-04-04 13:16 | わくわく子どもキッチン

2018年2月「わくわく子どもキッチン」


スイートポテトづくり&みそづくり
2018.2.18(日)

年長さんの先生体験part3は、Mくんによるスイートポテトづくり。この日に向け、何度も練習してきてくれました。
固いお芋を包丁で切るのは、すこし手こずりましたが、がんばった甲斐あり、た~くさん作れお土産分もできました。
途中味見が止まらない子が… ↓できあがりの量が違うのは、味見の量の違い?!

e0114963_17132628.jpg





















午後は、庭の畑に苗植えをし、毎年恒例の味噌作りもがんばりました。
いつもミンサーを使って大豆をつぶしていましたが、11月に上映会をした『みそをつくるこどもたち』に出てくる保育園の子どもたちが、
袋に足を入れてつぶしていたので初チャレンジ!どちらも上手にできました。
野菜の収穫や、お味噌が食べられるようになるのが楽しみです!

いよいよ来月は、年長さんの先生体験part4、二人の年長さんによる「パンケーキづくり」&そつぎょうしきっちん です。
これまでも、小さな「できた!」を積み重ね、みんなの前で先生役を経験した子どもたちはとっても誇らしげ。
年長さんは3月で「わくわく子どもキッチン」を卒業。春からは、小学生の「寺子屋」チームの仲間入りです。
田植えやキャンプなどの自然体験は、幼児・小学生合同なので、もっとたくましくなったお兄ちゃんお姉ちゃんとして、
幼児さん達と活動できるようになるのも楽しみです。

次回の「わくわく子どもキッチン」
3/18(日)~パンケーキづくり&そつぎょうしきっちん~
体験参加受付中!





[PR]
by kodomo-a | 2018-02-21 17:38 | わくわく子どもキッチン

2018年1月「わくわく子どもキッチン」

~もちつきっちん~
2018.1.21(日)

e0114963_17224825.jpg
キッチンの年明けは、お餅つきからスタート。ペッタンペッタン。丸めたお餅は一口サイズ。
年長さんのNくんの先生体験の「カレーライス」づくりもしました。
自作のレシピ表を作ってきたり、お家での練習もがんばりました。
とってもおいしく完成し、お餅もあったのにカレーのお鍋は空っぽ。
e0114963_17221636.jpg
ちょっと早めの節分の豆まきもしました。
赤鬼に向かって みんな必死に「オニはそと~ 福はうち!」
今年もみんな元気に過ごせますように!
e0114963_17222163.jpg

次回の「わくわく子どもキッチン」は2/18(日)「みそづくり」
お試し体験も受付中(申込〆切:2/10)



e0114963_17340012.jpg

[PR]
by kodomo-a | 2018-02-03 17:26 | わくわく子どもキッチン

9月のキッチン~食べられる器「かぼちゃグラタン」~

9月のわくわく子どもキッチンは人気の~食べられる器シリーズ「かぼちゃグラタン」~
秋の味覚をいっぱい楽しみました!

新しい学生ボランティアさんが2名参加してくれましたが、すぐに子どもたちと仲良しに。
初参加の2才の男の子もとっても集中して楽しんでいました。

来月は稲刈り体験10/22(日)
千早赤阪村の「結の里」さんにお世話になります!


e0114963_14152471.jpg

<ボランティアさんの感想>

〇久しぶりに子ども達と触れあえてとても楽しかったです。なかなか子ども好きでも、ガッツリ話したり遊べたりできる機会はあまりないと思うので、とても自分にはすごく身になる時間だと今日してみて感じました。子ども達と自分が今学校で学んでいる「食」とリンクした素敵な行事だと思いました。子ども達と一緒に成長することができたらいいなと思っています。これからも楽しみです。
(しーこ 大阪樟蔭女子大学
2回生)

〇ボランティアなど他にも子どもとたくさん体験できるという施設はあっても、大人の目は必ずあると思うので、子どもセンターでは企画から私たちメインでさせてもらえたりするので、私が探していたボランティアにぴったしで、先輩にお誘いいただいてすごくうれしかったです。保育系でない学生が関われる企画があっても、小学生以上ということが多いので、幼児とか関われてとても楽しかったし、こんなこともできるんだという発見もできました。自分自身で 企画から立てて、子ども達も楽しめるようにできるかはすごく不安がありますが、一度は先生という立場で企画も立ててみたいなと思います。

(さーよん 大阪樟蔭女子大学2回生)




[PR]
by kodomo-a | 2017-09-05 14:19 | わくわく子どもキッチン

2017.2.19 そつぎょうしキッチン

今年は2名の年長さんがそつぎょうしキッチンで先生役にチャレンジ!
メニューはクッキー&イチゴケーキ
e0114963_5521197.jpg

e0114963_553024.jpg


学び合いが力に!
いつもは母とは離れて子ども達とユースの先生達だけで行うので母はキッチンの様子は見れませんが、今回は2歳の下の子がなかなか私から離れてくれず、下の子のそばでキッチンを見守っていました。
様子を見てびっくり!!料理の途中に遊びたくていなくなってしまう子、説明と全然違うことをする子、泣いてばっかりで参加できない子(うちの2歳…)。2歳から6歳の集まりなので当たり前の様子ですが、そんな皆をユースの2人が声をかけたり、考えさせたり、促したり…。私なら大きな声出してるな!と言うときにも大きな声は出さず。「良く毎回やってくれてるなぁ!」と感謝ばかりです。
子ども達もそんなユースの声かけに、遊びたい気持ちを抑えて料理をし、大きい子が小さい子を手伝い、参加しない子も周りの子の様子を見て徐々に参加して。想像以上に子ども達はいろんなことを学び合っていました。
上の子は春から小学生なので卒業式をしてもらいました。初めは楽しいと感じていたキッチンが、小さな子がちゃんと料理をしてくれないことが自分のペースと合わず「皆がちゃんとしないから嫌だ。行きたくない。お母さんと家にいたい」と泣いて行けない日もありましたが、頑張って参加し小さな子との接し方も分かったのか笑顔で参加できるようになりました。今回は先生役も務めることが出来ました。3人姉弟の2番目なのもあり、いつも誰かに頼り、前に出ることなど全く出来ない性格でしたが、しっかりと皆に説明し料理を進めていました。家の様子とはまったく違い、とても成長を感じました。皆のかわいい歌声に包まれた温かい卒業式。キッチンで学んだことが新生活で必ず力になると感じました。(2才・年長・小2の母 なおみ)

e0114963_5574699.jpg

e0114963_5564930.jpg

e0114963_5545015.jpg

e0114963_557035.jpg

e0114963_625961.jpg


ユースの卒業式
寺子屋で小学生にずっと寄り添ってきてくれた大学生が社会人になるので、お礼のサプライズダンスを披露しようとなりました。ダンスが苦手な子はピアノを弾いたりプレゼントを作ったり、当日来れなくともダンスを中学生が教えてくれたり、歌が得意な子は歌をと、子どもらも自分にできることを考え自然に実行できるようになってきました。この大学生が、学年も個性もバラバラの小学生の中に入り、まさに体当たりで子どもらに向き合ってくれたからこそ、子ども達も素直に感謝を表現できたのでしょう。こっそり隠れてスタンバイしている時は見たこともないほどの団結ぶり。そしてサプライズは大成功。段取りと違うハプニングも乗り越え、それぞれの成長した姿も見られました。個性を認め活かし合い、思いっきり楽しみ、子どもも大人も成長でき、その喜びが束になると社会をつくる原動力となる。そんな活動をともに作る仲間、ご支援いただける方をつなげていく子どもセンターでありたいです。

e0114963_6105281.jpg
e0114963_611934.jpg
[PR]
by kodomo-a | 2017-03-02 06:14 | わくわく子どもキッチン

10月 竹でお米を炊こう!~たきこみごはん~

野外での「青空キッチン」を予定していましたが、天候不良で断念。子どもセンターの庭でチャレンジしました!
e0114963_14192364.jpg

e0114963_14201244.jpge0114963_14203829.jpg

















はじめての包丁 ドキドキ~

e0114963_14212012.jpg

e0114963_14214831.jpge0114963_1422210.jpg
パパ達も 竹切りや 火お越しをがんばりました~













e0114963_14221441.jpg子ども達は大学生のお助けマン(学生ボランティアさん)が大好き! 料理の合間に 紙芝居を読んでくれました~e0114963_14222685.jpg











柿を収穫し 
柿ジャムもつくりました
e0114963_14225074.jpg

竹の香りがする 炊き込みご飯が完成! 柿ジャムもパンにつけてデザートに   みんなモリモリ食べました
[PR]
by kodomo-a | 2015-12-05 14:13 | わくわく子どもキッチン

9月 やさいクッキーづくり

e0114963_1742330.jpg
e0114963_17412897.jpg
今回は野菜クッキーに挑戦しました。子供たちの苦手な緑の野菜をあえて使うことで、食べれるようになるといいな~という希望も込めて、ほうれん草とかぼちゃの2種類を作りました。簡単に・シンプルにを意識し、材料は野菜・薄力粉・砂糖・サラダ油のみです。野菜を細かくしたりつぶしたりすることから全て子供たちにやってもらいました。準備段階では不安も多かったのですが、子供たちはしっかり説明を聞き、混ぜたり、こねたり、型抜きなどとても積極的に行ってくれました。焼き上がりもオーブンの前に並んで焼けてるかな~?とのぞき込んでいて、とても癒されました。
e0114963_17362213.jpg
出来上がりのクッキーはみんなペロリと食べていて、緑の野菜が苦手な子も完食していて、とても嬉しく、やって良かったなぁと思いました。
e0114963_17365313.jpg
毎回、子どもたちの出来ることは大人が想像しているよりもいっぱいあるんだなぁと驚かされます。もっともっと色んなことを楽しんでもらえるように、これからも子どもキッチンに参加したいと思いました。(神戸女子大学4回生 ほのた)

e0114963_17372145.jpg

今月は ゴーヤを収穫し お昼ごはんに食べました~
e0114963_17373366.jpg

最後のおそうじのぞうきんがけも ずっこけながら 上手になってきました~
[PR]
by kodomo-a | 2015-09-19 17:42 | わくわく子どもキッチン

8月 チーズフォンデュパーティー


今回は普段の先生のいるこどもキッチンと違って、チーズフォンデュを親子みんなでするという、持ち寄りパーティーになりました。

e0114963_17133819.jpge0114963_17144057.jpg
e0114963_17125830.jpg

たくさんの親子で一緒に料理をする機会は、こどもたちにとってはいつものこどもキッチンと違っておもしろかったのではないでしょうか。今回は、パパママが近くにいるという安心感がこどもたちからもなんとなく感じられ、やっぱりこどもは親にいつも近くにいて欲しいんだなぁと実感しました。

e0114963_17152135.jpg









こどもセンターのお庭ではプチトマトや枝豆やきゅうりを収穫しました。普段は食べないという子がトマトを食べていたりする。自分で穫った野菜は、スーパーに並んだ野菜よりも全然価値のあるものに感じるのでしょうね。
e0114963_17153461.jpg












きゅうり プチトマト 枝豆を収穫!
e0114963_17155120.jpg


e0114963_17215011.jpg

e0114963_17161457.jpg
e0114963_17165842.jpg

デザートにつくったアイスクリームも、ハーゲンダッツとまではいかないですが、大成功!!ペットボトルにアイスクリームの材料のはいった缶をいれて、塩と氷をいれて蓋をして振る、蹴る、転がすという激しい製法。工場でこういう風にアイスクリームは造られてるとこどもたちが本気で思ってたらどうしよう(笑)できたアイスクリームを子どもセンターの本気のかき氷機で作ったかき氷にのせて食べると、本当においしかったです。
かき氷を食べるこどもたちの笑顔、おいしいねという気持ちをみんなが共有できる感じは、なんて簡単に幸せになれるんだろうと思わされました。とにかくかき氷がおいしかったです!!!

e0114963_17172159.jpg


こけまくりながらも ぞうきんがけも上手になってきました~

次回は 9/13(日)  お試し参加も受付中です!
[PR]
by kodomo-a | 2015-08-06 17:25 | わくわく子どもキッチン

4月:お花見キッチン

e0114963_1331448.jpge0114963_13324995.jpg











4/5のわくわく子どもキッチンのメニューはハム・チーズを型抜きし、レタスを挟んだサンドイッチとポテトサラダのサンドイッチを作りました。
みんなで和気あいあいとレタスを洗ったり、湯がくとジャガイモの皮がつるんとむけて驚いたり、と楽しそうな様子でした。
e0114963_13472014.jpg

子どもたち自身で食パンに具を挟んで切り、出来たサンドイッチをお弁当箱に詰めました。「これはママの分」と達成感と嬉しさが伝わってくる笑顔を見ました。そんな優しい気持ちを大切にしてほしいな、と思いました。



e0114963_13473285.jpg

残念ながら悪天候のためピクニックには行けませんでした。ですが最後に「今日は頑張った!」、「楽しかった!」の声を子どもたちから聞くことが出来てホッとしました。
これからも子どもたちの自分で出来た、やってみたい、の気持ちを大切に楽しいキッチンにしていきたいです。
初めての先生役で上手く行かないところも多々ありました。みなさんサポートして下さってありがとうございました。(めい  大学4回生)

e0114963_13545197.jpg

e0114963_1355082.jpg

雨で桜を見に行けなかったので 絵の具で和紙に お花を描きました~


次回は 5/10(日) 「おにぎりキッチン」 小学1年生になったYちゃんが先生役をしてくれます。お楽しみに!!
[PR]
by kodomo-a | 2015-04-15 13:59 | わくわく子どもキッチン