人気ブログランキング |

カテゴリ:キャンプ&稲作体験( 18 )

おにぎりキッチンに変更!


e0114963_16195766.jpg

 みんながとっても楽しみにしていた「稲刈り」ですが、台風のため中止となり、かわりに子どもセンターにて、おりぎりキッチンをひらきました。幼児さん達は、精米機で玄米が白米に変身するのに興味津々。小学生チームが、おにぎりの具材を相談して買出しに行き、オモシロ具材も登場しました。先日のユース向けのクッキング教室でマスターした、だし巻き卵の作り方を早速子どもたちに伝授し、小学生達の上手さにびっくり。幼児さん達も丁寧にチャレンジしていました。11月の「子どもまつり」に登場する“みそ玉”づくりや、大人達の軽食の試作も大成功でした。鰹節削りにもチャレンジし、おいしくって味見が止まりません。おにぎりやみそ玉に入れると、とってもおいしくなりました。「稲刈り」ができず残念でしたが、来月の「子どもまつり」が楽しみです。


~ボランティアさんの感想~

〇今日はあいにくの天気で、稲刈りの予定が幼児さんと小学生の合同子どもキッチンになりました。稲穂を見て、玄米の精米、お米を洗う、ご飯を炊く、炊けたお米でおにぎりを作るという経験を通して、普段食べているおにぎりがどうやってできているのかを実際に目で見て、体験することで自然に学びにつながっているのではないかと思いました。

みそ玉づくりの際に、子どもたちに作り方を教えながら進めていくのが、少し難しく感じましたが、私にとっても良い経験になりました。集中が切れてしまった子どもたちに興味をもう一度持ってもらうためには、どうしたらいいかなど考えさせられました。だし巻き卵、小学生の子たちがとても上手に作っていて、感心してしまいました。(ちーちゃん 武庫川女子大学3回生)

〇初めて子どもセンターあさひでの活動に参加させてもらいましたが、自分がどのような行動をとれば良いのか、どんな態度で接していけば良いのかわからず、とまどうことが多かったです。乳幼児さんと長い間接する機会は今まであまりなかったので、興味を示さなくなってしまった時の対応が一番困ってしまいました。なでっちさんやちーちゃんの子どもたちとの接し方を見させてもらって、学ばせてもらうことが多くあったので、次回参加した際に自分も実践していけたらなと思いました。子どもたちが楽しく学んでいる姿を見ることができて、参加できて良かったと思えました。良い経験をさせていただいたので、また参加させていただきたいと思います。(まいまい 武庫川女子大学3回生)


e0114963_16242487.jpg







by kodomo-a | 2017-10-24 16:29 | キャンプ&稲作体験

キャンプ2017

今年のキャンプは、7/22・23に初めて休暇村近江八幡キャンプ場に行きました。幼児から小学生の親子で、電車やバスを乗り継いで。琵琶湖で2日間思いっきり泳ぎました!
e0114963_13165297.jpg
e0114963_13170970.jpg
<参加者の感想>
〇カヌーに乗りたかった。かみなりがこわかったけど楽しかった。(初めて母と離れて小学生だけのテントだったけど)テントで寝たのが楽しかった!(さな 小1)
〇カヌーに乗りたかった。ブラックバスが浮いててびっくりした。(はるの 小3) 
〇日常では息子と共有している時間が短いため子供達の中での様子を知る機会が少ないが,年齢の異なる子たちとのやり取りの現状を、キャンプを通じて知ることができた。火おこしなどを通じた成功体験が,本人の自信につながっているようにも見え,良い時間を過ごせたと思う。(小5の父)
〇琵琶湖で泳いだり鬼ごっこなどで遊んだりと琵琶湖三昧のキャンプでした。子どもたちは2日間ずっと元気に泳ぎまくっていて、子どもたちのパワフルさに舌を巻くほどでした。2日目は朝の8時過ぎにはみんな水着に着替えていたほどです(笑)自分は2日目の昼には完全にスタミナが切れてダウン状態でしたが(笑)また、小学校高学年限定のカヤック体験もみんな腕がパンパンになりながらもめちゃくちゃ楽しそうでした!夜雨が降り出して花火ができなかったのがすごく残念でした。ちなみに、1日目の夜は男子小学生と一緒のテントで、寝る前にしりとり勝負をして楽しみました。夕食作りで小学生のみで1品くらい作っても良かったかなーと思いました。(なで ユース/大学院1回生)
by kodomo-a | 2017-09-26 13:18 | キャンプ&稲作体験

田植え合宿2017

今年も6月10・11日に、千早赤阪村の「結の里」の谷ご夫妻にお世話になり、田植え合宿を行いました。
11か月の赤ちゃんから小学生の親子が参加。子どもも大人もどろんこになって楽しみました~
e0114963_166132.jpg

e0114963_1634798.jpg

たんぼのおっちゃん(ご主人)が植え方を教えて下さいました。
幼児チームからスタートし、仕上げは小学生と大人たち。
最後は「どろんこずもう」で勝負!
おっちゃんお手製の露天風呂は子どもたちに大人気!

e0114963_1641345.jpg

森探検では、去年とはまた違ったルートを作ったよ~と連れて行ってくださいました。
川遊びや滝修行?!も人気です。

e0114963_1642790.jpg

森にはおっちゃんお手製のアスレチックがいっぱい!一日中遊んでいたいぐらいです!

e0114963_1643835.jpg

枝にウインナーやマシュマロをさして焼いて食べるのが、森でのお楽しみの一つ!

e0114963_1644978.jpg

2日目のお楽しみは、オモシロ具材も流れてくる”流しそうめん”
はるかさん(森の案内人)が作ってくれたのは、なんと竹のストロー!
ジュースが流れてくるのが毎年のお楽しみですが、今回はストローで挑戦!みんな上手にゲットできていました~

e0114963_165136.jpg

いろんな工作もさせていただけ、子どもたちは大満足。今年は弓矢が完成!
子どもセンターでの流しそうめん用の竹も分けていただきました。


<参加者の感想>
〇森たんけんで、たくさん遊具で遊んだのが面白かった。また遊びたい。たくさんお花や虫も見つけられて楽しかった。(みやちゃん 4才)
〇カプセル探し ドロドロ田植え 流しそうめんのジュース ゼリー (せな 6才)
〇お家の中でかぞくごっこしたこと!(いとみ 5才)
〇泥あそび♡ また露天風呂入りたい!(さな 7才)
〇山の中の木の家?みたいなので遊んだ事が1番楽しかった!(2才5才)
(母)足の指を少し怪我していて、その怪我がなかったらもっと田植えしていたようなので、、、。笑田植えまたリベンジしたいです!家に帰ってからも鼻歌を歌ったりとご機嫌さんでした。

谷ご夫妻、大変お世話になりました!
秋の収穫体験が楽しみです!!
by kodomo-a | 2017-06-23 16:27 | キャンプ&稲作体験

キャンプ2016

e0114963_9402784.jpg


e0114963_9404023.jpg猛暑の中、一泊二日キャンプに行ってきました。 暑さを和らげるための川遊びは水鉄砲で水をかけあう等大盛り上がりでした。e0114963_945775.jpg
e0114963_9411436.jpg
e0114963_9492294.jpg

e0114963_9511134.jpg

e0114963_9501755.jpg

テントたてやカレーの具材決め、朝食のピザの準備、カレー作り等、班行動をメインにキャンプを進め、協力しながら行動する難しさをそれぞれが感じられたと思います。時には譲り合い、我慢したり、みんな一緒に楽しんだりと、2日間でいつもの活動では見られない姿を見せてもらいました。一人ひとりが成長するためには、協力して自分の良さや他人の良さを気づくことが大切だと改めて気付きました。今後も協力しながら進め、個性をいかす活動を取り入れることに心がけたいです。(ぴーかな 大学4年生)

e0114963_952345.jpg
e0114963_9533579.jpg


次回の自然体験は、10/23(日)の「稲刈り体験」です。お楽しみに!!
by kodomo-a | 2016-08-25 09:57 | キャンプ&稲作体験

稲刈り体験 2015

e0114963_1243126.jpg

春に田植え体験をさせていただいた、千早赤阪村結の里さんへ、稲刈り体験へ行ってきました。003.gif
稲刈りの他にもイベント盛りだくさんです!

e0114963_12482523.jpg
稲刈りレース
よ~いドン!!














e0114963_12483999.jpg

負けないぞ~。







e0114963_1350232.jpg
ラストスパート!!












e0114963_13515788.jpg
あ~っという間に、稲刈り終了~♪

「働き者やね~」って、
褒めてもらったよ019.gif










~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~

e0114963_1474752.jpg
初めての柿取り・・・。









e0114963_1417467.jpg
上手にいっぱいとれたよ~006.gif










~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~
続いて、フォトコンテストスタート!!

テーマは『オブジェ』、『こども』、『むし』の3つです。
3つのチームに分かれて、各テーマの写真を撮影開始060.gif

★テーマ『オブジェ』★

e0114963_15293931.jpg e0114963_15295857.jpge0114963_1530927.jpg





★テーマ『こども』★

e0114963_15382884.jpge0114963_15383473.jpge0114963_15385047.jpg









★テーマ『むし』★


e0114963_15404989.jpg
e0114963_1540564.jpge0114963_1541243.jpg








野山を駆け回り撮影した写真は、大人達の予想を遥かに上回る出来栄え!005.gif




~感想~

大阪府唯一の村、千早赤坂村で稲刈りをしてきました。電車とタクシーに乗ってです。
田植えをした時は青々と瑞々しかった田んぼに、黄色くなった稲穂が頭を下げて待っていました。
子ども達はと言うと手慣れたもので、稲刈り競争をするほど。やり方を聞くより、まずは動きたいようでした。子ども達の稲刈りは横に移動しません。好きなところを刈るので、あちこちに道が開通していきます。それに冒険心が芽生え、楽しそうな笑い声が響きます。

ところで、小学4年生になる息子は虫が大嫌い。初めての田植えでは田んぼの側にあったグミの実取り。2回目でアマガエルを触れるようにようになり、3回目には虫を見つけては大喜び。親が気を揉む中、自然に生き物を受け入れるようになっていきました。
今回は3歳から4年生の子ども達が参加。大人に言われるより先に、自分の役割がわかっていて、甘える小さい人に対して面倒を見る年長児という形がゆっくりと見えてきました。
そして、最大の目的を果たした後は、田んぼを走り回ったり、焼きいもをしたり、柿を長い棒を使って枝ごとネジ切ったりと里山ならではの遊びが展開し、最後には千早産の餅米に焼きいもを混ぜ込み、中にアンコを入れてきな粉をまぶしたつきたて餅をいただきました。それの美味しいことなんの!
物がなくても、手に取るもの、目に入るものすべてが遊びになる、自然の面白さ、そして子どもの発想力とその元気には、本当に楽しませてもらいました。
子どもだけでなく、大人も忙しい中にゆっくりとした時間を過ごせたように思います。
結の里の谷ご夫妻、本当にありがとうございました。
センターの仲間作りが実を結び始めています。 (えみ 中1・小4の母)
by kodomo-a | 2016-01-24 15:54 | キャンプ&稲作体験

田植え合宿2015

田植え合宿2015 2015.6.27・28(土日)
行き先:結の里(大阪府千早赤阪村)
e0114963_1514297.jpg


電車と駅から車で、大阪市内から1時間半ほどで、棚田が広がる豊かな自然の中にある「結の里」に到着。
お昼ごはんの後、さっそく田植えやどろんこ遊びを楽しみました。

e0114963_15185323.jpg

e0114963_15192072.jpge0114963_15194482.jpg







































「結の里」では、田植え体験だけでなく、森でのなかで自然を体中で楽しめます。
ご主人の手作りの遊具もたくさん!
e0114963_15222615.jpge0114963_15224557.jpg
e0114963_1523206.jpg

e0114963_15234532.jpge0114963_1524491.jpg

e0114963_15244759.jpge0114963_15251430.jpg









e0114963_15302028.jpge0114963_1530313.jpg















森あそびでのお約束は、「必ず生きて帰ってくること(無理をしない・自分の身は自分で守る)」「生き物をつかまえてもよいが、もしその生き物が死んでしまったら、命としていただくこと」
子ども達はしっかりそのお約束を胸に刻み、森探索を思いっきり楽しみました。







































子どもたちの姿で印象的だったのは、小さな頃は引っ込み思案だった小学生が、川登で先頭をきってずんずん進んで行ったり、初めはこわがっていた幼児達も勇ましく自然の中に分け入り楽しんでいる姿です。




































晩ごはんはバーベキュー。準備も頑張りました~
e0114963_15332325.jpge0114963_15333796.jpg
e0114963_15335561.jpg

e0114963_15342251.jpg

枝刺しソーセージは大人気!


e0114963_15521249.jpge0114963_15523063.jpg



































二日目は、「オモシロ具材争奪戦 流しそうめん」で大盛り上がり!!
流しそうめんの具材を書いた紙をカプセルに詰め、森のあちこちに隠し、それを探し当てチーム全員そろってゴールすれば、オモシロ具材をゲット!小学生が幼児をだっこしたり手を引いたりと、チーム一丸となって楽しみました。

e0114963_15544422.jpg

e0114963_15561681.jpg 「オモシロ具材」の一番人気はオレンジジュース?!




秋の稲刈りが楽しみです!
by kodomo-a | 2015-07-01 15:04 | キャンプ&稲作体験

田植え合宿2014

6/14・15(土日)に田植え合宿に行ってきました。今年も兵庫県神崎郡のNPO法人棚田LOVER’sさんの田んぼで体験させていただきました。
e0114963_10525091.jpg
田んぼに着くなり、おたまじゃくしやカエル取りに夢中の子どもたち。普段は虫きら~いと言っている子たちも、ず~っとカエルを探していました。夜にはとっても間近でホタルを見ることができ大満足!!今後の稲の成長が楽しみです。

~参加者の感想~

e0114963_10572739.jpg

子供の可能性は無限

我が家は幼稚園の行事があったため、電車で遅れて参加。電車疲れもすぐに忘れ、合流したらお姉ちゃん達と民宿の回りの散策に行って仲良くなっていました。BBQの後温泉に行く準備をして、皆でお風呂に入りました。その後ホタルのいる川原へ。ちょうどホタルまつりもしていたので、すごい人がいっぱいでしたが、ホタルがたくさんいて楽しめました。
e0114963_115306.jpg

民宿に帰ったら寝る支度。こっちで寝るとか誰のとなりで寝るとか言いながら、皆疲れていたのですぐに爆睡!!
e0114963_11101259.jpg

朝は一番年少者のおしゃべりで起床。大人が朝ごはんを作っている間に子供達は、散歩に出かけ、おなかいっぱい朝ごはんを食べました。
e0114963_11125474.jpge0114963_1113938.jpg

そしていよいよ田植え。爽やかな陽気の中、みんなで一列になり作業していきます。しかし、子供達はある程度したら、どろんこ遊びや、カエル・虫取りに夢中。大人達は田植え頑張りました。
e0114963_11172018.jpg

e0114963_11175122.jpg

貴重な体験をいっぱいして、いつもと違う子供達の表情を見て、子供の可能性は無限なのだと感じました。参加して良かったです。  (あやの 5才児の母)



人間以外もあたりまえに息づいている場所
e0114963_11285028.jpg

二日間、自然とのふれあいを大切にできたと思います。図鑑やテレビなど視覚からだけの自然ではなく、触覚、嗅覚、聴覚で自然の生き物と相対し、感じ取れるものも多かったと感じます。
一日目の泥んこ遊びでは、まだ稲を植えていない田で、子どもたちは気ままに遊びます。様々な小さな生き物、タガメやイモリなどとも出会えましたが、特にカエルに夢中でした。生き物を見つける為には泥の中でも気にせず臆せず突き進んでいる様子で、私は大阪に戻ってもこんな風に生き物と子どもたちは触れあえるだろうか、と考えました。
e0114963_11292129.jpg
e0114963_11335760.jpg
e0114963_1130424.jpgでも、きっとそれは少し難しい事で、この今の触覚を刺激する場所が、小さな生き物をあたりまえにしてくれているから出来ることは多分にあると感じます。自分たちの土地に戻れば、また別のあたりまえが、小さな生物もうじゃうじゃしていないあたりまえで生活していくことになります。だから、こういう土地に足を運んで、人間以外もあたりまえに息づいている場所を知ることは、とても大切なことだと改めてそう思いました。
e0114963_11343347.jpg
e0114963_11350100.jpg

二日目は、田植えは決して楽しいだけがある作業では無いので、途中でカエル探しをする事が多かったです。けれど、田植えを少しでも体験、見学することで、ご飯がどうやって作られるのか、次の秋の収穫の時に実感として子どもたちに伝わればと感じます。
(ユース なつき)
by kodomo-a | 2014-06-24 11:44 | キャンプ&稲作体験

稲刈り体験

田植え合宿でお世話になった兵庫県のNPO法人棚田Lover'sさんにて、稲刈りをさせていただきました。

e0114963_1125896.jpg
e0114963_11252373.jpg
e0114963_11253273.jpg
e0114963_11254693.jpg
e0114963_1125539.jpg


稲刈りの他にも
枝豆の収穫や・二十日大根の種まきもさせていただきました。
e0114963_11375225.jpg
e0114963_1138784.jpg

公民館では、子どもたちは食育ワークショップ・大人達はマクロビ料理 と盛りだくさんな一日でした~
e0114963_11382472.jpg
e0114963_1138342.jpg

帰りには 自分たちで刈り取った稲を少しずついただき 持ち帰りました。
e0114963_11454118.jpg

残りの稲は 稲木干し。 食べれる日が楽しみです!!
e0114963_11435988.jpg


今回の棚田Lover’sさんの稲刈り体験は、今の街の子どもたちがなかなか経験できない田舎の環境を知ることができたのだと感じました。それは、枝豆収穫より前の時間、子ども達は土手にいたたくさんのカエルが珍しいのか、一斉にそれをつかまえはじめました。しかも驚いたことに、生き物が苦手なはずの一人の男の子が素手でカエルを持ち、カワイイカワイイと言っていたことでした。蟻が目の前を通っただけで逃げ出す彼だったので、今回の事はとてつもない快挙だと感じました。その後お世話になった場所に、廃校になった小学校がありました。子どもの中には廃校とは何なのか、なぜ小学校に子どもがいなくなるのか、理解が追いつかず私に質問してくる子もいました。これらの事は、これからも子どもたちの心の中のどこかに消えずに残る体験になったのではないかと感じました。稲刈りもとても楽しく体験させていただきました。ありがとうございました。(ユース なつき)
e0114963_1150176.jpg

by kodomo-a | 2013-11-12 11:50 | キャンプ&稲作体験

ぱちぱちキャンプ

今回のキャンプは、時間の前後はありましたが、おおむね時間通りにことが進んで、スムーズな進行が出来たと感じました。

こどもたちも最初のバスから大はしゃぎで、バスレクも好調に楽しんでくれ、その後自分たちで、クイズしたり、創造の小話が出来たりと自分からのアプローチの交流が出来ていると感じました。
e0114963_14371830.jpg



涌き水の家についてからも、こどもたちは掃除や水汲みを懸命に行っている姿をみて、成長を感じました。

e0114963_14373395.jpg


1日目の午後はかまど作りを行いました。これに関してはみんなで協力してつくるという観点からはあまりうまくいきませんでした。セメントとの渇きとの戦いになり、作業を早く進めるということに終始してしまいました。結果作業に参加出来たいない子がいるなど、共有した時間にすることができずに終わってしまいました。その反省として、一人のお母さんから頂いた意見で、もっと少人数の子たちのグループに分けて別の作業をするグループと分けて引き締めればよかった。というのを今後考慮に入れて進めたいです。(なつき)
e0114963_14381419.jpge0114963_14382455.jpg




























バーべキューの時は、皆去年のノウハウがあった為、ほとんど何も言わなくてもスムーズに進行出来たと感じました。

e0114963_14384651.jpge0114963_14385684.jpg













2日目のハヤシライス作りも、一度練習をしただけあって皆動きがスムーズでした。小さい子たちに出来ることを、探しそれを支持するという事も少しずつ出来ていたように感じます。e0114963_14465587.jpg



ぱちぱちキャンプとは炎の音のパチパチ、感謝の気持ちを表す拍手のパチパチ。最期に皆誰に感謝を表したいか、パチパチの気持ちを伝えてもらいました。その話をしたときは「えー思いつかへん」など言っていた子どもたちですが、いざその場になると一緒に遊んでくれた。堅かったおいもを代わりに切ってくれた。自分の代わりに大人たちに質問してくれた。などみんなその時の事を振り返り、楽しそうに感謝の話をしていました。

e0114963_1439098.jpg
e0114963_14391234.jpg








自分にしてくれたうれしいことは、皆ちゃんと心に感じていて、それを言葉にすることでその親切をした方は、ああ、自分がした事は感謝されることだったのか、と自覚を持つことが出来たのではないか、感謝を言われた子たちのはにかんだ笑顔からそうおもいました。



感謝し感謝されることの喜びと楽しさをみんな感じてくれたのではないかと思い、今回のキャンプはとても良いものになったと私は思いました。来年もまたますます子どもたちの前進につながる取り組みをしたいと感じます。

e0114963_14472148.jpg

by kodomo-a | 2013-09-25 14:47 | キャンプ&稲作体験

自然の中で ゆったり 子どもを見守る

Iさん家は家族5人で参加!!

e0114963_10344930.jpge0114963_1035499.jpge0114963_10353585.jpge0114963_10354829.jpg



















5才Sくん:どろんこサッカーたのしかった

3才Wちゃん:田んぼまでの坂道もがんばってあるけた。田んぼたのしかった。

1才Sくん:見るもの全てにおどろきを発見。おたまじゃくしのそばからはなれない わ~わ~。水路の水のそばからはなれない ザブザブ。

おとうさん:子どもと手をつなぎ田んぼでさんぽ。のんびり楽しんでたら、ヒルに血をすわれた。

おかあさん:専業主婦で毎日ずーっと子どもとすごしていているわりには、家事におわれまくり、ゆっくり子どもとかかわりをもてずに毎日をすごしていますが、合宿で家族で自然に囲まれてすごすと、心がおちつき、子どもを見守ってやれたように思います。今までみたこともないような子どもたちの一面を、また、ここで発見させていただけました。
by kodomo-a | 2013-07-12 10:42 | キャンプ&稲作体験