人気ブログランキング |

稲刈り体験2019

今年も10月27日に、千早赤阪村の「結の里」にて稲刈り体験をさせていただきました。
刈り取った新米を後日送っていただけることになり、12月のクリスマス会にてみんなでいただくことに… 楽しみです!

e0114963_16004918.jpg
e0114963_16004971.jpg
~参加者の感想~
春に植えた稲が無事に実り、毎年恒例の稲刈りに行ってきました!『稲刈りしない!』と言っていた3歳児も最後に参戦。やる気の4歳児は、最初はママと、慣れてきたら1人で頑張りました。年長、小学生男子チームは、長靴に泥が入っても、ぬかるみに足を取られても、刈る事を純粋に楽しみ、小学生女子チームは刈ったり、運ぶ役になったりと、思い思いに動いていました。稲刈りの後は、焼き芋作り!火起こしの枝集め、子供達好きなんですよね‥扇ぐのも大好きで、ウチワを貸してもらえなくて悲しむ女子に、里のはるかさんの計らいで、柿を採ることに!町だとそんな体験なかなか出会えないし、あんな高い木の柿どうやって採るんやろと、見ていたら、立派な竹の道具を使って楽しそうに収穫していました。ランチ後は、柿と焼きマシュマロを食べて、皆んなで山へ!途中、焼き芋休憩をして、山の中の手作り公園へ到着!ターザンをしたり、大きな大木ブランコやジャングルジムで遊び、無事下山。今年も沢山の生き物に出会えました。また来年も楽しみです。 (ゆか 4歳、7歳の母)


e0114963_16004947.jpg


~おたすけマンの感想~
稲刈りに参加してまず1番の感想は「楽しかった」ということでした。これまでのキッチンや、6月に行われた田植えでは、子どもたちと何を話したらいいのか、どう接したらいいのか等を意識しすぎるあまり、自分自身楽しみきれていない部分がありました。そういった点では、今回は子どもたちと自然に接することもでき、とても充実した時間となりました。メインの稲刈りでは、稲を一つ一つ手作業で刈るところから、稲木まですべて体験させていただき、貴重な経験となりました。非常に手間と時間のかかる作業だと、身をもって実感することが出来たと同時に、この大変さは実際に体験しなければ分からないことだと痛感しました。また、1束くらいの稲からおにぎり一個分のお米がとれるというお話を伺い、驚きとともに、食への感謝の心を改めさせられました。子どもたちも、自らお米を収穫することで、少しでもなにか感じられていたらいいな、と思います。稲刈りの後は、はるかさんのご厚意で柿を収穫させていただきました。子どもたちが積極的に、楽しそうに収穫をしていた姿が印象的で、ここでしか出来ない素敵な体験だと感じました。また、今回の活動を通して、子どもたちとの距離も少し縮められたかなと思っています。たくさん話してみることで、この子はこういう子なのかと発見があったり、お手伝いをする姿が印象に残っていたり、子どもたちの新たな一面に気付くことができ、良い機会となりました。お昼を忘れた私におにぎりを分けてくれたり、山で遊んだこともいい思い出です。今回の稲刈り体験は、自分自身が楽しむことで、子どもたちとも自然に関わることができること、子どもたちの新たな一面を発見できたことも含めて、すごく充実した時間になりました。参加することが出来て良かったです。
(わかめ 大阪樟蔭女子大学2回生)







by kodomo-a | 2019-11-05 16:11 | キャンプ&稲作体験
<< クリスマス会2019 ユース研修 >>