人気ブログランキング |

うどん道場

e0114963_1302352.jpg新しいお友達がふえますようにと開催した2月の「おまつりキッチン」。 体験版スペシャルのうどん道場には5組の新しいお友達が申込んでくださいました。
2才3才のこどもたちがぐっとふえたので、最初はてあそび♪ 「そんなようちなんいやや~」 と小学生が最新版?!てあそびをみせてくれました。 みんなが大注目!
さぁ今日はかみしばい式にワザをマスター&発明していきます

e0114963_1325861.jpge0114963_1382319.jpg1.あわせ

2.ふりふりもみもみ

3.ふみもみ
(こども発案名☆)
「かかとでふんだら ふみやすいで!」

今回はお助けマンのボランティア・ユースが史上最少人数。 こぼれてもじぶんでおそうじ。
1人1人ふくろにいれてつくりましたが、3才の子、やっぱりそのままさわりたいっ
リーダーの小学生は 「も~今日人生で一番たいへんな日やー!」
りっぱなお助けマンさんです。

e0114963_14332131.jpge0114963_132195.jpg4.「おやすみ」

5.「のびのび」 (こども発案☆)

6.「たたみぎり」

7.「ゆでる」

包丁デビューの2才の子、心配で手をそえようとするお母さんに、ちからづよく 「じぶんでやる!」  5才の子には、お友だちが教えてくれていました。

e0114963_14403135.jpg火炊き番は見守り隊。 子どものやりたいきもちも、おこってるきもちにもよりそってくれて、お助けマンが足りなかったぶんも本当に頼りになりました。
1人1人を一歩はなれて見守り記録してくれる 「ひとこと帳」 チームも発足しました。

☆ 見守り隊より ☆
e0114963_14251989.jpgうどん道場 お疲れさまでした 私の都合での遅刻を快く受け入れていただき みなさんの温かい気持ちに感謝しています
弟の方は今回もまた暴走してしまったようでしたが 話を聞くと わざとしたことではないのに お姉ちゃんにきつく言われたそうで 自分より小さい子が 同じことをしたときに 大丈夫?とみんなが心配したという対応の差に怒ったようでした

e0114963_13151422.jpg お姉ちゃんは 一つのテーブルでリーダーとなり しかも 母がいないことから ガチャガチャする弟の行動に責任を感じたのかもしれません
でも 見守り隊の見守りのおかげで 何とか最後まで参加できました  私ならがつんと叱って 連れ戻していることでしょう
しっかりしていると評判のいい!?二人ですが やはり 親の見守りが必要であることを実感した出来事でした
さて 家に帰った二人ですが…
お父さん曰く ねぇちゃんは朝からセンターに行くと 必ず夕方寝るなぁ~、弟は うどん嫌いやけど 食べれたんか?
ほんまや~  帰ってから夕食や明日のことに追われている私は そんなこと気にもせず…
子どもたちは子どもたちなりに 頑張っているのです  しっかり気持ちを受け止め 明日につなげなければなりませんね
食後 早速 センターからの宿題をしていました  お姉ちゃんがすると 弟も頑張ります  一人を誉めるともう一人もまたがんばります そんなことをしながら いろんなことに気付き 閃き 成長していくんだなぁ~と私は ゲラゲラ笑ってます  そして子どもたちに かあちゃん 笑ってんの 一人だけやで~ と突っ込まれ  だっておもろいもん!と 小さな幸せをかみしめていますo(^▽^)o

おまつりキッチンのふりかえりも終えて帰るころ、なぜか部屋がまっくら。 4才の子が電気をつけようとすると、「つけたあかん!」 「ふくしまにでんきおくるからつけんといて」 と小学生。

003.gif 5月5日はこどもまつりe0114963_1412877.jpg
みんなの今じぶんにできることをいっぱいあつめて、こどもたちがおもいっきりたのしめるおまつりにしたいな~と計画中です☆
新しくであったお友だちと夢をいっぱいつんで、わくわく子どもキッチンことしもしゅっぱーつ!!
by kodomo-a | 2011-03-29 15:17 | わくわく子どもキッチン
<< みそづくり リトミック >>