人気ブログランキング |

ユース研修2020

ユース研修2020_e0114963_10414271.jpg

☆おじいさんから受け継がれてきた種

去年に続き、今年も有機農園ばんごんじんじんさんでユース研修をさせていただきました。

1日目は近くの山に入り竹を切らせていただきました!太い竹をみんなで順番にノコギリでごきごき切り倒した1本の長ーい竹を節の外側、内側と作りたいものに合わせて切り、飯合にお椀、お皿をナタも使いながら作りました。太くて長い竹を切り倒したのも竹でお皿などを作ったのも初めて!大自然ならではの体験にテンションが上がりました‼︎今度はキッチンで竹を切って飯合を作り、それでお米を炊くを子どもたちと一緒に経験できたらな〜っと…

ユース研修2020_e0114963_10403784.jpg

キャンプ場に移動し、火起こし・竹クッキング研修へ。去年はマッチ1箱を使い切った火起こし。おーちゃんの講習を受け、薪や木の枝の組み立て方はなんとなく覚えていたものの一発ではつかず…。でも今年は5本ぐらいで火がついたので成長!

そして夜ご飯は竹を使った竹クッキング!お昼に作った竹の飯合へお米、きのこ、さつま芋を入れた炊き込みご飯に、お肉いっぱいのBBQ、具沢山汁、竹を支柱にしたバームクーヘンを作りました。お箸以外は全て竹を使い竹づくしのクッキングはお腹もいっぱいになり大満足!ふと空を見上げると大阪では見れないほどの満点の星空充実した1日目でした。

ユース研修2020_e0114963_10403849.jpg

2日目は再びばんごんじんじんさんへお邪魔し農作業を体験させていただきました。今年はそら豆を植えさせていただきましたました!そら豆はおじいさんから受け継がれた大事なもので、緑色の柔らかいそら豆が茶色く固くなると種になった証!そら豆を植える前には2種類のくわを使い土を深く掘り、肥料を入れ、土を被せ平にする作業をした後、土からひょこっと顔が出るように50cm間隔でそら豆を植えていき、最後に日光を遮らないようにそら豆の周りにわらのお布団をかけてあげました。土を耕す作業をする事で土がふかふかになり、そら豆の根が下に広く深く育つことができるそうです。だけどこの作業が大変!3人でしてもヘトヘトになった作業。これを1人でされているので丸1日はかかるそう。農作業の大変さが身に染みました。その反面、自分達で植えたそら豆。これでそら豆が出来るのか〜!どんな風に育つかな?どんなそら豆ができるかな?ととてもわくわくした気分にもなりました!去年に植えさせていただいた種芋は上にぐんぐん伸びるため種の上に土をたくさん被せたので今年のそら豆とは真逆の植え方。種の個性に合わせた植え方があるんだなと実感しました。

ユース研修2020_e0114963_10403816.jpg

そして最後に畑を案内してもらいながらこの時期に育っているお野菜を紹介していただきました。そしてツルムラサキに金時生姜、大根にかぶ、白菜に人参、葉玉ねぎにサトウキビとたくさんのお野菜を収穫させていただきました!採れたて新鮮なお野菜は炒め物とお味噌汁にし、お昼ご飯としていただきました。

その際、畑や種苗法改正についてお話を聞かせていただきました。印象的だったのはサトウキビを植えている理由です。イネ科であるサトウキビを植えることで土が改良されるため、暖かい時期以外でも植えることがあるそうです。作物は収穫するためだけではなく、畑をより良くするためにも育てることがあるんだなと知ることができました!他にも種苗法改正についてです。日本ブランドの野菜や果物の種が外国に流出し、ブランドを変え自国のものにされることが無くなるのは良いことでは!?と感じる反面、ばんごんじんじんさんのように受け継がれてきた種をみなさんどうぞ。としている農家が無くなると地域ブランドの作物が無くなったり、品種が減ったりするのでは、、、ととても難しいお話でしたが、普段生活している中では聞けないお話。貴重なお話を聞くことができ、農家の現状を少し感じることができ、2日目は学びにつなげられる日になりました!コロナ禍の中、たくさんの経験をさせていただいたばんごんじんじんさん、ありがとうございました!

(さーよん/管理栄養士 保育園勤務)

ユース研修2020_e0114963_10403862.jpg


☆生産者と消費者がつながり変わる意識

ユースの先輩方からお話を聞いて、ずっと参加してみたかったユース研修に、今年初めて参加することができました!

どの活動も新鮮で楽しく、このボランティアに参加していなければ出来ないようなことばかりでした。
1 日目の午後、竹を切らせていただけるとのことで山へ。晩御飯用の食器や炊飯用の竹筒、流しそうめんの流し台を竹で作成しました。普段ではなかなか出来ないような経験で、とても新鮮でした。

夜には、自分たちで切った竹を使ったバウムクーヘンを、小麦粉と米粉の2種類作りました。粉の性質が関係しているのか、米粉がサラサラとした生地であまり上手く層になりませんでした。しかし、何事も経験、失敗は成功のもとということで、今後、米粉のレシピを考えるときの参考にしたいと思います。

ユース研修2020_e0114963_10403815.jpg

2日目は、待ちに待ったばんごんじんじいさんでの農作業体験をしました。今年は、代々受け継がれているという貴重なそら豆の種を植えさせていただきました!「種を植える」と一口に言っても、雑草を抜き、土を耕し、さらに土を深くまで掘り、、、と、想像よりも大変な作業でした。作業をしながら、そら豆のルーツや肥料のことなど、多くのお話をしてくださり、とても勉強になりました。

その隣には、センターで初めて食べた時から大好きな「ツルムラサキ」があり、神崎さんのご厚意で、収穫させていただけることに。ツルムラサキは花も食べられるということで、収穫したてのものをその場でいただきました。採れたての野菜をそのまま食べる経験も初めてで、感動と驚きの連続でした!

ユース研修2020_e0114963_10403861.jpg

この農作業体験を通して、生産者と消費者が繋がることの大切さを学びました。私たちが普段お店で購入し、食べている食べ物はその両者がかけ離れていることがほとんどです。私が初めてセンターでツルムラサキを食べた時も、生産者である神崎さんやばんごんじんじいの農園のことは全く知りませんでした。しかし今回の研修で、どんな人が、どんな場所で、どんな風に栽培しているのか、そしてツルムラサキの新たな一面を知ることも出来ました。さらに、生産者と消費者がつながることで、食べ物への関わり方や意識もおのずと変わってくるのではないかと、今回の研修で実感しました。今後は、研修で学んだ知識や感じたことを、ボランティア活動の中で子どもたちにも伝えていきたいと思います。

(わかめ 大学3回生)



☆はやく子ども達と実践したい!

姫路市の有機農家、ばんごんじんじいさんのところで2日間研修させていただきました。

1日目、まず竹を調達しに行きました。竹を切ることは初めてでしたが、表面が滑りやすい上に曲線であるため、木よりも切りにくかったです。細い部分なら子どもでも(大人と一緒なら)切れると思うので、注意しながら指導しようと思いました。晩ごはんのお碗やお皿、炊き込みご飯の飯盒、さらにバームクーヘンの芯も竹を切って作りました。鎌を使って竹を縦に割ったり、ノミで飯盒のフタを作ったり、普段使ったことのないような工具を使って自分の手で竹を加工できたことに感動しました。今は何でも手に入る便利な時代ですが、昔はこのように工夫して自分たちの手で身の回りの物を作っていたのだな、と思いました。

ユース研修2020_e0114963_10403870.jpg

キャンプ場に到着し、晩ごはんづくり。食材を切ったり米を洗ったあと、いざ火起こし!去年教えてもらったことを思い出しながら奮闘しましたが、なかなか火がつかず、何度も心が折れそうになりました。マッチの火種を新聞紙、木の皮やわら、小枝、細い薪、太い薪と燃えやすい順に火がうつるように組んでいきます。頭ではわかっていてもなかなかコツが掴めず苦労しましたが、いざ火が大きくなり安定するととても嬉しかったです。子どもたちにもぜひこの喜びを味わってほしいです。BBQ、きのことサツマイモの炊き込みご飯、味噌汁が順にできあがり、お腹も心もいっぱいになりました。そして主役のバームクーヘン作り。竹にアルミホイルを巻き、生地を少しずつかけ、竹をくるくる回します。それを何度も繰り返すのはとても根気がいりますが、ゆっくりと生地が分厚くなり、切ったときにちゃんと層が重なっているのを見ると感動しました!味もベビーカステラのようで美味しかったです。ぜひ子ども達にも体験してもらいたいです。

ユース研修2020_e0114963_10403870.jpg

2日目、ばんごんじんじいさんにお昼前から畑作業を体験させていただきました。神崎さんのお祖父様から受け継いでおられる貴重なそら豆を植えさせてもらいました。畑を一列耕すだけでも、慣れない作業に腰や腕が痛くなりました。これをいつもお一人でやられてるなんて尊敬です。けっこう深い所の土まで耕したので、豆を地中に埋めるのかと思いきや、豆の頭が少し出るくらい土の表面に等間隔で置いていきました。土を柔らかくして空気を含ませてやることで根腐れを防止するそうです。そら豆は冬の間は成長が止まるそうですが、冬を越し春に収穫予定だそうです、とても楽しみです!

畑には、さとうきびや唐辛子のように、作物目的ではなく、土壌改善目的の植物も育てているそうで、畑全体のことを幅広く考えておられると思いました。農作業には正解がないので、豊富な知識や情報と、何度も試行錯誤されてるいることを感じました。しょうがは新生姜の部分だけではなく、去年植えた根の部分も絞ったりしてまだ食べられることや、人参は葉まで天ぷらやキムチと和えたりしたら美味しく食べられることなど、様々な野菜の栄養や調理法なども教えていただき、とても勉強になりました。

ユース研修2020_e0114963_10403752.jpg

害虫対策として、わざといろいろな種類の野菜を混在させて育てている様子も見せてもらいました。(ネギ、レタス、玉ねぎ、白菜、かぶ、にんじんなど)それぞれの匂いを嫌う虫もいるからだそうです。害虫駆除に関して、有機農家さんは自然成分由来の農薬は使っていいそうですが、ばんごんじんじいさんは使っていないそうです。夜だけ出てくる虫もいてやっかいだが、ひたすら戦ってるそうです。農薬不使用で害虫対策は大変ですが、消費者にとっては安心な野菜だと思います。神崎さんいわく、おいしくて作りやすくて需要が高いなど、メリットしかない「奇跡の野菜」は存在しない。日々試行錯誤を繰り返しているそうです。

また、つるむらさきの収穫体験もさせてもらいました。先の方の柔らかい部分を生で食べさせてもらい、生でもつるむらさきの味とほのかに粘り気を感じ、感動しました。お味噌汁や炒め物も本当に美味しかったです。

ユース研修2020_e0114963_10403947.jpg

きくいもに含まれるイヌリン効果で血糖値がかなり下がった方がいて、糖尿病対策にとても効果がある野菜だと教えてもらいました。

栄養学の知識も豊富で、もっと勉強しないと、と思いました。

種の話も聞きました。何年もかけて改良した種を守るという法律がある一方、種の所有権を放棄してくれたおかげでその品種が広く受け継がれることもあるということ。ただその際、質が劣る恐れあり、難しいところだそうです。

2日間研修させていただき、神崎さんの野菜作りへのこだわりや情熱を感じました。キャンプで学んだことも、はやく子ども達と実践したいです。

(ぱっぴー/管理栄養士 保育園勤務)


# by kodomo-a | 2020-12-06 17:45 | ユースの取り組み

2020年11月寺子屋「バルーンアート体験」

「バルーンアート体験」2020年11月


講師は、毎年「みんなのおまつり」にご協力いただいている、世界認定バルーンアーティストHappy Smile37の中井さん。

いつもの<寺子屋>は親と子どもは別々(子どもは体験活動/親は昼食づくりなど)ですが、今回は親子で体験させていただきました~

2020年11月寺子屋「バルーンアート体験」_e0114963_17135697.jpg


↓小2のTくんのママによるレポートです!

「細長い一本のバルーンをキュキュとひねって、プードルにしたりするタイプの体験かな?と思っていたら、水玉やカラフルな大小の風船の中から、10ケを選ぶところから始まりました。

見本のようにかわいく作成したいねと、親子で楽しく話しながら進めました。

風船をふくらませて、丸めてねじって組みあわせ、顔やヘアはマジックで書きました。

最後に、多彩な風船の中から効き色を選んで、腕を作ってつけると、オリジナルの男の子や女の子が完成です。

子どもたちは「風船の原料は何だと思う?」クイズに積極的に参加しました。天然ゴムの木から採れた原料は自然で地球にやさしい。風船には軽いヘリウムガスが入っていて宇宙まで飛んでいく。などのお話に興味深く聞き入っていました。

また、先生は天然ゴムの木を見るために、海外まで行ったと聞いて大いに刺激を受けました。

素晴らしいバルーンアートのショーもとても楽しく充実した時間になりました。

手先の器用さやセンスが光る子、音楽のリズムがすぐにとれる子、長く集中できる子、機材やしかけに興味がある子など、好きなこと、得意なことが今回のバルーン体験でもそれぞれの子にしっかりとありました。」

2020年11月寺子屋「バルーンアート体験」_e0114963_17143200.jpg


# by kodomo-a | 2020-12-04 17:15 | 寺子屋

稲刈り体験2020


稲刈り体験2020_e0114963_14183275.jpg
大自然に囲まれて…

毎年田植えや稲刈り体験をさせていただいている千早赤阪村にある結の里さんで今年も稲刈り体験をさせていただきました。今年はウンカという害虫が発生し稲の収穫を早めるため子どもたちが刈る稲が残せないと聞いていて迎えた稲刈り体験当日。結の里に到着し、田んぼを見てみるとなんと稲が!子どもたちが刈る分だけ残してくださっていました!前日に雨が降り田んぼを歩くことがやっとなほど足がとられる状態でしたが小学生組はもくもくと手際良く稲を刈っていました。毎年、最後は大人でせっせと、、ということが多いのですが、今年は子ども達で刈りきりました!そんな中、幼児さんはカエルやバッタ取りに夢中!大自然に触れていました!稲を刈り終わると束ねた稲をみんなで運び稲架(はさ)にかけ、稲刈り体験は終了。最後には田んぼを駆け回り全身で楽しんでいる子も…!

稲刈り体験の後は森の中へ入り焚き火ランチへ。森へ行く途中で焚き火の材料になる枝などを拾いながら行きました。森へ到着するとお昼ご飯を食べるためさっそく焚き火作りへ。幼児さんも小学生もうちわやダンボールを使い必死に火おこしのお手伝い。今回は焚き火ランチということで棒にパン・ウインナー・椎茸を刺し、焼いてホットドッグにしたり、他にもりんごやバナナ、さつまいも、マシュマロまで!大自然の中みんなでわいわいと食べるのでみんな食欲旺盛!一瞬でなくなりました!ランチの後、小学生組は挑戦!森探検コースへ。大人でも急な山道を登ったそう!私は幼児さんと一緒に手作りの特製アスレチックでたくさん遊びました。みんなが大好きなのは丸太のブランコ!何回押したことか、、笑 大人も一緒に楽しめ、大自然に囲まれ、何回行っても素敵だなと思う結の里さん。今年も沢山の体験ありがとうございました!(さーよん ユースメンバー/管理栄養士)

稲刈り体験2020_e0114963_14184283.jpg
稲刈り体験2020_e0114963_14194789.jpg
稲刈り体験2020_e0114963_14295294.jpg












# by kodomo-a | 2020-11-06 14:33 | キャンプ&稲作体験

学習会「憲法×ボードゲーム」

学習会「憲法×ボードゲーム」_e0114963_15335739.jpg

学習会「憲法×ボードゲーム」

20201011(日)

講師:小谷成美弁護士(明日の自由を守る若手弁護士の会)


学習会「憲法×ボードゲーム」を開催しました。子どもセンターあさひの会員のメンバーだけでなく、学童の指導員の方、小学校の教員の方、憲法を学んでおられる方、地域で居場所づくりをなさっている方などの参加がありました。
はじめに、憲法の概要のおさらいクイズ。「<憲法>は誰が守るためのルール?」(複数回答OK
①天皇 ②大臣 ③公務員 ④国会議員 ⑤国民 ⑥みんな

昨年の学習会でも学びましたが… あれ?どうだったっけ?あやふやな点も…。大人も度々学び直しが必要ですね。

正解は… ①天皇 ②大臣 ③公務員 ④国会議員 

正しくルールを守っているか、私たち国民が見張っていなくてはいけません。私たち国民の自由や権利を守るためには<国民の不断の努力(12条)>(興味をもち見張り続けること)が必要なんですね。

おさらいの後は、さっそく<憲法ボードゲーム>をやってみよう!
ルールに慣れるまで少々時間がかかりましたが(子どもの方がスムーズに理解できるんだろうなあ…)、協力型のゲームなので、「次はどの街を救いにいったほうがいいかな?」「どうやったら不幸カードを増やさずにすむかな?」と初対面の方とも、わいわい話し合いながら進めていき、コンプリートを目指しました…が、2時間はあっという間。どちらのチームもコンプリートならずでした~。「あすわか(明日の自由を守る若手弁護士の会)」の弁護士さんたちとボードゲーム作家さんがコラボして作られたことあって、大人も充分楽しめる内容でした。

ゲームを進めるたびに、各都市にたまっていく<不幸カード>。<不幸カード>とは、憲法の理念に反した決まりごとが書いてあって、もしも憲法がなかったらこんな風になっちゃうの?憲法があるから、日常の自由や権利があるんだなあ、と具体的にイメージできました。

参加されていた小学校の教員の方は、「来年6年生の担当で<憲法>の学習の時に活用したいので6セットほしい!」と。学校に行きにくかったり・進学しない子も多い地域にあるという、学童の指導員をされている方は、なかなか<憲法>を学習するということが難しいだろう子どもたちに、このボードゲームを通して身につけてほしい、とおっしゃっていました。参加者の多くが<憲法ボードゲーム>を購入され、それぞれのフィールドで広げていただけるとのことで、うれしい限りです。子どもセンターあさひでも、まずは大人が楽しんで、子ども達に伝えられるようにしたいです。今はお休みしている<おやこカフェ>などでも<憲法ボードゲーム>を楽しみながら<憲法>をもっと身近に感じ、「主権者である」ということを自然に子ども達が体得できるようになればと思います。



~参加者の感想~

〇ボードゲームが楽しそうだなあと思い参加しましたが、ゲームがスタートするまでは難しい憲法がどんなゲームになるのかなと思っていましたが、実際にやってみると、みんなで協力しながら楽しくかつ憲法の内容を知ることができ、なかなか身近に感じることのできない憲法を楽しく学べ遊べる機会でした。(20代)

〇とてもすてきな空間でした。こども達がこの空間でどんな風に過ごしているかとても知りたいなあと思いました。

学習会について…ゲームで学ぶって大人の私でもとてもたのしかったです。この楽しさから、もっと具体的に学べたらいいなあと思います。ありがとうございました。(30代)
〇楽しみながら憲法のことを学ぶゲームがとてもいいです。憲法のことも“覚える”というよりは“身につける”という感覚がいいです。人権尊重を感じられる取り組みだと思いました。ありがとうございました。(30代)

〇難しい憲法の文を読むより、わかりやすく身近に感じて入ってきやすかった。(50代)

〇初めて関目高殿というところに来させていただきました。すてきな空間で初めてお会いする方々と楽しい時間を過ごさせていただけてうれしかったです。ゲームのルールにはまだ慣れないと思いますが、身近な人たちとやってみたいです。(50代)















# by kodomo-a | 2020-10-12 15:40 | セミナー

2020.9月寺子屋・キッチン「玉ねぎ染め」

2020.9月寺子屋・キッチン「玉ねぎ染め」_e0114963_11443263.jpg
9月の体験行事は、「わくわく子どもキッチン」の幼児チームと「寺子屋」の小学生の合同で、玉ねぎの皮を使った草木染め体験。

お家で集めた玉ねぎの皮を持ち寄り、とっても濃い染色液ができ、いろんな模様付けを楽しみました。たこヒモや輪ゴムで縛ったところには染料が入らず、白い模様となり、大豆やビー玉などをくくりつけると円の模様ができます。発色をよくし色を定着させるために、漬物を作る時にも使われるミョウバンを水で薄めたものを使いました。薬品などは使わないので、お家のキッチンでも普段のお鍋などを使って手軽にできます。

「スーパーボール(ビー玉のかわり)17個もつけた~」という子もいれば、無地の生地にいきなりハサミで切り込みを入れる子、割りばしで生地を挟んで白い線を入れたい子…。みんなすごい集中力で、思い思いの模様づけをしました。自分の名前の文字を白抜きしたい!と考えた子もいたのですが、今回の染め方ではそれは難しいこと、染め方の特徴を伝えると、自分なりにチャレンジすることに。時間内では完成せず、染め液を持ち帰り、お家で完成。やはり白抜きの模様はつかなかったそうですが、書道とコラボさせ、文字を入れて完成させたとのこと。切り目の裏には、人気アニメ<鬼滅の刃>の生地をつけるなんて、すごいアレンジ力です。工夫してチャレンジした姿勢がステキだなあと思います。それぞれとっても個性的で、どれ一つ同じものはなく、世界に一つのオリジナルエコバックを作ることができました。自然にあるもの、身近にあるもの、ゴミとなるものを有効活用し楽しめたのではと思います。

2020.9月寺子屋・キッチン「玉ねぎ染め」_e0114963_11441830.jpg




# by kodomo-a | 2020-10-06 11:47 | 寺子屋